BookLive「ブックライブ」の里山・山地の身近な山野草無料立ち読み


ハイキングや山歩きの途中で目にするさまざまな植物。その名前やいわれを知るだけでも楽しさが倍増すると思いませんか。本書は『身近な野草・雑草』『身近な樹木』に続く、好評のワイド図鑑シリーズ第三弾です。今回は、平地よりやや高いところ(標高800mくらいまで)の里山・山地・丘陵地などでよく見かける野草を収録。関東近県では高尾山、陣馬(場)山、筑波山など、また関西近県では六甲山、再度山、箕面山など、中高年を中心に多くの人がハイキングや山歩きを楽しんでいますが、その道すがらでよく目にする、あるいは少し注意してみると簡単に発見できる山野草約450種を、1800枚余の写真とともに紹介しています。前2冊と重複する植物は一つもありません。1種類の野草を4、5枚の写真でわかりやすく解説。花の時季だけでなく、芽吹き、紅葉、枯れた状態のものなど、季節によって異なるその姿・形・色がこれ一冊でよくわかる画期的な図鑑です。■著者プロフィール▽菱山忠三郎:昭和11年、東京都八王子市に生まれる。成蹊大学卒業後、東京農工大学林学科を卒業。八王子市立高尾自然科学館研究嘱託、八王子高校講師を経て、現在は八王自然友の会副会長、日本植物友の会理事、八王子市文化財保護審議会委員、環境省自然公園指導員などのほか、朝日カルチャーセンターで植物講座も担当している『日本の野草』共著、『日本の樹木』共著(以上、山と渓谷社)、『高尾山 花と木の図鑑』『樹木の冬芽図鑑』『ポケットBOOKS 身近な野草・雑草』『ポケットBOOKS 身近な樹木』『ワイド図鑑 身近な野草・雑草』『ワイド図鑑 身近な樹木』(以上、主婦の友社)など著書多数。
続きはコチラ



里山・山地の身近な山野草無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


里山・山地の身近な山野草詳細はコチラから



里山・山地の身近な山野草


>>>里山・山地の身近な山野草の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)里山・山地の身近な山野草の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する里山・山地の身近な山野草を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は里山・山地の身近な山野草を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して里山・山地の身近な山野草を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)里山・山地の身近な山野草の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)里山・山地の身近な山野草を勧める理由

里山・山地の身近な山野草って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
里山・山地の身近な山野草普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
里山・山地の身近な山野草BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に里山・山地の身近な山野草を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「所有している漫画が多過ぎて収納場所がないから、買うのを躊躇ってしまう」という様な事がないのが、BookLive「里山・山地の身近な山野草」が人気になっている理由なのです。次々に購入し続けても、整理する場所を考えなくても大丈夫です。
月額の利用料金が固定のサイト、個人情報の登録がいらないサイト、個別に購入が必要なサイト、無料作品が多数あるサイトなど、コミックサイトも各々違いがありますので、比較することをおすすめします。
購読しようかどうか判断できない漫画がある場合には、BookLive「里山・山地の身近な山野草」のサイトで料金の発生しない試し読みを行なってみると良いでしょう。少し読んでみてもう読みたくないと思ったら、購入しなければいいだけの話です。
BookLive「里山・山地の身近な山野草」はいつも持ち歩いているスマホやタブレット端末で閲覧することができるわけです。1話だけ試し読みした後で、その漫画を読むかを決める人もたくさんいると聞いています。
使わないものは処分するという考え方が徐々に認知されるようになった最近では、本も紙という媒体で所持せずに、BookLive「里山・山地の身近な山野草」越しに読む人が増加しています。


ページの先頭へ