BookLive「ブックライブ」の雑貨屋さんになりたい無料立ち読み


こだわりやセンスが感じられる「雑貨ショップ」のオーナーになるには? 雑貨ショップ経営に携わり、現在は経営セミナーも主宰する雑貨ジャーナリストの著者が、自らの経営経験と豊富な取材をもとに書き下ろす、雑貨ショップ経営の入門書です。せっかく開いた店も続かなくては意味がないと、「借り入れなしで始める&続ける」という視点でまとめているのが特徴。長く続いている人気ショップの成功の秘訣も、取材しています。ショップオープンまでの準備や資金計画、仕入れなどの基本情報に加え、つねに“集客”を意識した仕掛けやネットショップ・催事の活用術など、いまの時代にあったハウツーを多く取り入れました。初心者が気になる点をQ&A形式で解説しているので、読みやすく、くり返し読んで参考にできる構成です。楽しく長く、雑貨ショップを続けたい人、必見の1冊です。■著者プロフィール▽マツドアケミ:小さな店づくり、チームワークづくり、雑貨、ライフスタイルなどをテーマにしたエッセイ、コラムなどを執筆する雑貨ジャーナリスト。外資系企業の秘書、家庭用品メーカーが運営する雑貨店の店長、本部バイヤー、ショップコーディネーターを経て、1999年に『雑貨屋さんになりたいですか』(主婦の友社)を上梓し、フリーランスとして独立。雑貨、モノ、ライフスタイルに特化して執筆する一方で、メーカーのモノ&店づくりやアーティストのプロモーションなどにも携わる。2002年、通信教育事業を手がけるブラスアンドカンパニー株式会社の雑貨事業のプロデューサーに就任。ロマンチックでラブリーなライフスタイルショップ「アリヴェ デパール」のコンセプト立案から雑貨の仕入れ、スタッフの育成までを手がける(09年にプロデューサーを離任)。02年にマツドアケミ個人の会社である有限会社Blooming を設立。雑貨ショップのプロデュースに加え、メーカーのモノづくりのアドバイスや、百貨店、小売店での雑貨に関連したイベント企画立案、テレビ、雑誌などでも活躍中。
続きはコチラ



雑貨屋さんになりたい無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


雑貨屋さんになりたい詳細はコチラから



雑貨屋さんになりたい


>>>雑貨屋さんになりたいの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)雑貨屋さんになりたいの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する雑貨屋さんになりたいを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は雑貨屋さんになりたいを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して雑貨屋さんになりたいを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)雑貨屋さんになりたいの購入価格は税込で「1080円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)雑貨屋さんになりたいを勧める理由

雑貨屋さんになりたいって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
雑貨屋さんになりたい普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
雑貨屋さんになりたいBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に雑貨屋さんになりたいを楽しむのにいいのではないでしょうか。


利用する人が増加しているのがBookLive「雑貨屋さんになりたい」です。スマホを使って漫画を読むことが簡単にできるので、大変な思いをして書物を持ち運ぶ必要もなく、持ち運ぶ荷物を少なくできます。
一括りにして無料コミックと言われましても、ラインナップされているカテゴリーは幅広いものがあります。少年向けからアダルトまで揃っていますから、あなたが読みたい漫画をきっと探し出せると思います。
“無料コミック”を上手く活用すれば、買うべきかどうか悩んでいる漫画の最初だけを試し読みで確認することが可能なのです。前もってストーリーの流れなどをある程度読めるので、利用者にも大好評です。
電子書籍も一般的な書籍と同じで情報が商品ということになるので、自分に合わなくても返品はできないのです。それ故概略を確認するためにも、無料漫画を閲覧することが大事になります。
いつも持っているスマホに読みたい漫画を全部収めれば、収納場所について気を配ることは不要になります。先ずは無料コミックから読んでみることをおすすめします。


ページの先頭へ