BookLive「ブックライブ」のCode Name無料立ち読み


奪われたコードネームを取り戻せ!名前を無くした少年が旅をする近未来ファンタジー戦争による犯罪や殺し合いが頻発する近未来。人口減少への対策として、人々は出生時に体内に埋め込まれたチップにより生活・行動・発言などを管理されていた。15歳の誕生日に“コード狩り”に襲われ、両親を殺されてしまった少年は自分の名前と今までの記憶を無くしたが、奇跡的に生き延びた。自分だけが生き残った理由、そして自分のコードネームを探す旅が始まる――【作品初出】「月刊コミックフリル」創刊号・3号~9号(2011年12月・2012年2月~8月)
続きはコチラ



Code Name無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Code Name詳細はコチラから



Code Name


>>>Code Nameの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Code Nameの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するCode Nameを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はCode Nameを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してCode Nameを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Code Nameの購入価格は税込で「345円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Code Nameを勧める理由

Code Nameって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Code Name普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Code NameBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にCode Nameを楽しむのにいいのではないでしょうか。


どういった話なのかが把握できないままに、表紙だけで読むべきか決断するのはリスクが大きいです。無料で試し読み可能なBookLive「Code Name」ならば、おおよその内容を知った上で買うかどうかの判断ができます。
各種サービスを押しのけて、ここ数年無料電子書籍システムというものが拡大している要因としましては、近場の本屋が減少し続けているということが指摘されているようです。
スマホやタブレットで電子書籍を買っておけば、会社への通勤中やお昼休みなど、場所を選ぶことなく読むことができます。立ち読みもできるため、本屋に行く必要など皆無です。
漫画雑誌を購入していくと、後々収納できなくなるということが起こるでしょう。だけれど書籍ではないBookLive「Code Name」であれば、収納スペースに悩むことから解放されるため、何も気にすることなく読むことができるわけです。
「すべての漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という漫画好きの声を反映するべく、「固定料金を払えば1回1回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が誕生したわけです。


ページの先頭へ