BookLive「ブックライブ」の紙の月無料立ち読み


わかば銀行契約社員・梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した。梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。梨花は、果たして逃げ切れるのか? 自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主婦。年下の大学生・光太と出会ったことから、金銭感覚と日常が少しずつ歪んでいき、「私には、ほしいものは、みな手に入る」と思いはじめる。夫とつましい生活をしながら、一方光太とはホテルのスイートに連泊し、高級寿司店で食事をし、高価な買い物をし……。そしてついには顧客のお金にてをつけてゆく。あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代の傑作長編小説!! 各紙誌でも絶賛された第25回柴田錬三郎賞受賞作。NHKでTVドラマ化の他、映画も公開。
続きはコチラ



紙の月無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


紙の月詳細はコチラから



紙の月


>>>紙の月の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)紙の月の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する紙の月を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は紙の月を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して紙の月を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)紙の月の購入価格は税込で「637円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)紙の月を勧める理由

紙の月って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
紙の月普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
紙の月BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に紙の月を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「紙の月」を広めるための戦略として、試し読みが可能という仕組みは斬新なアイデアだと思われます。いつでもマンガの内容を確かめられるので空き時間を賢く使って漫画をセレクトできます。
コミックを買い揃えていくと、やがて収納しきれなくなるということが起きてしまいます。でもデータであるBookLive「紙の月」なら、収納スペースに悩むことがなくなるため、いつでも気軽に楽しめるというわけです。
日々新作が追加になるので、毎日読もうとも読むものが無くなる心配は不要というのがコミックサイトの人気の理由です。書店では扱っていないようなちょっと前のタイトルも閲覧できます。
少し前のコミックなど、町の本屋では注文しなければ手元に届かない書籍も、BookLive「紙の月」形態でたくさん陳列されているので、その場で直ぐに買い求めて閲覧できます。
無料電子書籍をダウンロードしておけば、暇過ぎて無意味に時間が過ぎ行くなどということがなくなるでしょう。ランチタイムや通勤時間などにおいても、想像以上にエンジョイできます。


ページの先頭へ