BookLive「ブックライブ」のまなざし無料立ち読み


これからの執筆・編集・出版に携わる人のサイト「DOTPLACE(http://dotplace.jp)」でとりわけ話題を集める、研究者/映像作家・菅俊一氏の連載コラム「まなざし」が、満を持して電子書籍化。「読むこと」「書くこと」とそのまわりに潜む日常のちょっとした違和感を、シンプルな言葉で丁寧に読み解いていく12編の「まなざし」。電子書籍版ならではの追加テキストも収録。イラストレーター・Noritake氏による描き下ろしイラストも見どころです。
続きはコチラ



まなざし無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


まなざし詳細はコチラから



まなざし


>>>まなざしの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)まなざしの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するまなざしを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はまなざしを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してまなざしを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)まなざしの購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)まなざしを勧める理由

まなざしって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
まなざし普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
まなざしBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にまなざしを楽しむのにいいのではないでしょうか。


本を買うと、そう遠くない時期に収納スペースがいっぱいになるという問題に直面します。だけど実体のないBookLive「まなざし」であれば、収納スペースに悩むことがないので、収納などを考えることなく楽しむことができるというわけです。
コミックサイトは山ほどあります。それらのサイトをできるだけ比較して、自分の希望に近いものをピックアップすることが大切になります。そうすれば後悔することもなくなります。
コミック本というのは、読み終わった後にBookOffみたいな買取専門店に持参しても、二束三文にしかなりませんし、もう一度読み返したいと思ったときに読めません。無料コミックのアプリなら、収納場所も不要なので片付けに困ることはありません。
業務が多忙を極めアニメを見るだけの余裕がないという場合には、無料アニメ動画が好都合です。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に視聴するなどということは不要なので、空いている時間に視聴可能です。
「詳細に比較せずに選択した」というような人は、無料電子書籍はどこも同じようなものという感覚をお持ちなのかもしれないですが、サービスの具体的な内容は各社違いますので、比較検討することは不可欠です。


ページの先頭へ