BookLive「ブックライブ」の追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻無料立ち読み


文化大革命(1966-1976)、若者が赤い旗を振り、毛主席語録を振り上げ歩く姿がイメージされるであろう。これが中国全土を席捲した。官僚も、文化人も、資本主義の道を歩む反動として打倒された。彼らも革命のために生き続けるという信念があった。李城外は文革終息後の文化人たちの「追憶」を記述した。同じ境遇にあった複数の文化人の思いが語られている。文革の実態をより客観的に知ることができる。事件当事者たちの生の体験は、事件を共有させ、せめて同じ過ちを繰り返すまいとする人々の誠意と哀切が込められている。すべての事件が風化するという社会事象の中で、私たちに時代を生きるとはどういうものであるかを示唆している。下巻に登場する人物:楼適夷(“左聯”の元老)/蕭乾、文潔若夫妻/厳文井(作家)/金冲及(歴史学者)/宋木文(新聞出版署署長)/陳早春(人民文学出版社社長兼総編集)/王世襄(都の奇人)/許覚民(文学評論家)/程代煕(学者)/楊子敏(『詩刊』誌主編)/謝永旺(『文芸報』誌主編)/崔道怡(『人民文学』誌常務副主編)/周明(中国現代文学館副館長)/楊匡満(『中国作家』誌副主編)/閻綱(文学評論家)/王蒙(作家)/舒乙(老舎先生の息子)
続きはコチラ



追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻詳細はコチラから



追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻


>>>追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻の購入価格は税込で「388円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻を勧める理由

追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻を楽しむのにいいのではないでしょうか。


注目の無料コミックは、スマホやタブレットがあれば楽しむことができます。出先、お昼ご飯の休憩時間、歯医者などでの順番が来るまでの時間など、何もすることがない時間に手軽に見ることができます。
スマホで読むことが可能なBookLive「追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻」は、お出かけ時の荷物を軽量化するのに役立つと言えます。リュックの中に本をたくさん入れて持ち運ばなくても、好きなようにコミックを楽しむことが可能なわけです。
購入する前に内容を確かめることが可能であれば、読んでしまってから後悔することがありません。店頭で立ち読みをする感じで、BookLive「追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻」においても試し読みが可能なので、内容を把握できます。
BookLive「追憶の文化大革命 咸寧五七幹部学校の文化人 下巻」の販促方法として、試し読みが可能というサービスは斬新なアイデアだと思われます。時間を考えずにストーリーを把握できるので、わずかな時間を賢く使って漫画を選択することができます。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入していますから、とにかく比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めていただきたいと思います。多くの書籍を扱っているかとか価格、サービス内容などを確認することが不可欠です。


ページの先頭へ