BookLive「ブックライブ」のマーケットのテクニカル百科 入門編無料立ち読み


アメリカで50年支持され続けているテクニカル分析の最高峰が大幅刷新!チャート分析家必携の名著が読みやすくなって完全復刊!数量分析(クオンツ)のバイブル!初版刊行から50年以上たってもまだ版を重ねている本書は、チャートによる株式市場のテクニカル分析に関する書物の最高峰という輝きを依然として失っていない。本書の初版以降に出版されたテクニカル分析に関するほぼすべての書物は、本書から派生したものといっても過言ではない。長い時の試練にさらされてもまったく色あせない本書の愛読者は数百万人を超える。大幅に刷新されたこの第8版は、マーケットがどのような局面にあろうとも、株式のチャートパターンから利益を上げる方法をしっかりと教えてくれる。これはまさに株式投資のタイミングを見極める「バイブル」の最新版とも言えるだろう。 本書のなかに詳述されているエドワーズによるダウ理論の実践的なアプローチをはじめ、反転・保ち合いパターン、トレンドラインおよび支持・抵抗圏の利用法は、個人投資家にとって非常に価値ある売買ツールである。一方、マギーが自らの実践をもって立証した株式売買の戦略と戦術は、真の売買シグナルを決定する最も有効な基礎となるものである。目次第1部 テクニカル分析の理論第1章 株式の売買と投資に対するテクニカルなアプローチ第2章 チャート第3章 ダウ理論第4章 ダウ理論の実践第5章 ダウ理論の欠点第5.1章 20~21世紀におけるダウ理論第6章 重要な反転パターン第7章 重要な反転パターン(続き)第8章 重要な反転パターン――三角形第9章 重要な反転パターン(続き)第10章 その他の反転パターン第10.1章 潜在的な重要性を持つ短期パターン第11章 保ち合いパターン第12章 ギャップ第13章 支持線と抵抗線第14章 トレンドラインとチャネル第15章 メジャートレンドライン第15.1章 21世紀における平均株価の売買第16章 商品先物チャートのテクニカル分析第17章 第1部の要約と結論としての解説第17.1章 21世紀のテクニカル分析とテクノロジー第17.2章 投資分野の拡大
続きはコチラ



マーケットのテクニカル百科 入門編無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


マーケットのテクニカル百科 入門編詳細はコチラから



マーケットのテクニカル百科 入門編


>>>マーケットのテクニカル百科 入門編の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)マーケットのテクニカル百科 入門編の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するマーケットのテクニカル百科 入門編を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はマーケットのテクニカル百科 入門編を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してマーケットのテクニカル百科 入門編を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)マーケットのテクニカル百科 入門編の購入価格は税込で「5184円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)マーケットのテクニカル百科 入門編を勧める理由

マーケットのテクニカル百科 入門編って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
マーケットのテクニカル百科 入門編普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
マーケットのテクニカル百科 入門編BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にマーケットのテクニカル百科 入門編を楽しむのにいいのではないでしょうか。


近頃はスマホを介して楽しむことができるコンテンツも、グングン多様化が図られています。無料アニメ動画を筆頭に、無料電子書籍やスマホでできるゲームなど、様々なサービスの中から選ぶことが可能です。
「電子書籍が好きになれない」という愛読家の人も多いようですが、1回でもスマホにて電子書籍を閲覧すると、持ち運びの手軽さや購入の簡単さから愛用者になるという人が多いのだそうです。
BookLive「マーケットのテクニカル百科 入門編」を楽しむのであれば、スマホが便利です。PCは持ち運ぶことができませんし、タブレットも電車やバスの中などで読みたいという場合には、大きすぎて使いづらいと想定されます。
スマホやタブレットの中に漫画を全て入れることにすれば、本棚の空き具合を気に掛ける必要などないのです。何はともあれ無料コミックからスタートしてみることを推奨します。
スマホで読むことが可能なBookLive「マーケットのテクニカル百科 入門編」は、通勤時などの荷物を減らすことに繋がります。バッグの中などに本をたくさん入れて持ち歩くなどしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なわけです。


ページの先頭へ