BookLive「ブックライブ」のメディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語無料立ち読み


メディアの創造 果敢に挑むその姿は愚か者にしかおもわれなかった時代はいつも過渡期 キャンバスは真っ白だプロデューサーとして日本のメディアの興隆に、着想と執念と人間力で挑んだ男、小谷正一の物語。メディアに生きる者にとって、知らずに済ますことのできない人があり、時代があり、事件がある。小谷正一こそ、その人そのものだろう。未知なるものに果敢に挑むその姿は、ある時は愚か者にさえ見られてきた。時が経ち全貌が明らかになるにつけ、先を歩いた者の大きさをいやがうえにも私たちは知ることになる。「いつだって時代は過渡期だし、キャンバスは真っ白」であることをあらためて、しみじみと、紐解きたどる時が我々には訪れる。【目次】プロデューサー小谷正一の着想・執念・人間力序章 一九四六(昭和二十一)年二月第一の闘い 「夕刊新大阪」闘牛第二の闘い 「毎日新聞」プロ野球 パシフィック・リーグ創設編第三の闘い 「新日本放送」開局ラジオ局の立ち上げに参画第四の闘い 「ふたたび新大阪新聞」覆面小説第五の闘い 「ラジオテレビセンター」オイストラッフ第六の闘い 「電通」吉田秀雄第七の闘い 「デスクK」日本万国博終章 一九八三(昭和五十八)年一月小谷正一プロデュースへの執念二十一世紀を見るだけでなく  阿久 悠広告の五十年  著・小谷正一小谷正一いろはかるた音声採録 小谷正一さんの生の声小谷正一アルバム【著者】岡田芳郎:早稲田大学政経学部卒業後、1956年に電通入社。62年小谷正一のつくったプランニングセンター創設メンバーのひとりとして参加。その後、小谷が電通を離れても一生付き合いを続けた。営業企画局次長、コーポレートアイデンティティ室長などを経て電通総研常任監査役を務め98年に退職。大阪万博「笑いのパビリオン」企画、「ゼロックス・ナレッジイン」はじめ数々の都市イベントをプロデュース。電通のCIビジネスへの取り組みにリーダーとして、アサヒビール、NTT、JR、東京電力はじめ数多くのプロジェクトを推進した。
続きはコチラ



メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語詳細はコチラから



メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語


>>>メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するメディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はメディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してメディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語の購入価格は税込で「972円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語を勧める理由

メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
メディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にメディアの河を渡るあなたへ 小谷正一物語を楽しむのにいいのではないでしょうか。


日頃からたくさん漫画を読むという人からすれば、月に一定料金を払うことで何冊であっても“読み放題”で読むことができるという利用方法は、それこそ革新的だと言えそうです。
一括りにして無料コミックと言っても、買うことができるカテゴリーは非常に幅広いです。少女漫画から青年漫画までありますから、あなたの好きな漫画がきっとあると思います。
コミックサイトも数多くあるので、比較して利便性の高そうなものを選択することが重要だと言えます。それを適える為にも、とにかくそれぞれのサイトの特徴を掴むことが欠かせません。
ここ最近はスマホを用いて堪能することができる趣味も、グングン多様化が顕著になっています。無料アニメ動画の他、無料電子書籍やスマホアプリなど、バラエティー豊かなコンテンツの中から選択可能です。
無料電子書籍があれば、時間と労力を掛けて売り場まで赴いて立ち読みなどをする必要性がなくなります。そうしたことをしなくても、スマホの「試し読み」で中身の下調べが可能だからというのが理由です。


ページの先頭へ