BookLive「ブックライブ」の白い波の荒野へ無料立ち読み


やがて無言になり、かろうじて一言つぶやく。「波が来る」オアフ島の北海岸にある小屋で4人の若いサーファーが共同生活をしている。50フィートという途方もない高さを持つ波を経験し、それを16ミリ・フィルムで撮影することにも彼らは成功した。スクリーンに映し出された波を追体験する時間と一瞬に通り過ぎた現実の波の時間、待機の時間。3種類の時間はしかし、すべてが1つになって彼らの人生の時間になる。目の前にある圧倒的な無限を知ってしまった人間の充実した空虚がここにある。心理を描かない作家・片岡義男の絶対処女作。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



白い波の荒野へ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


白い波の荒野へ詳細はコチラから



白い波の荒野へ


>>>白い波の荒野への購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)白い波の荒野への料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する白い波の荒野へを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は白い波の荒野へを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して白い波の荒野へを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)白い波の荒野への購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)白い波の荒野へを勧める理由

白い波の荒野へって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
白い波の荒野へ普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
白い波の荒野へBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に白い波の荒野へを楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホを使って電子書籍を購入しておけば、電車での移動中や昼食後のフリータイムなど、場所を選ぶことなく楽しめます。立ち読みもできてしまうので、本屋に行くことなど必要ありません。
「漫画の所持数が多すぎて頭を悩ましているから、購入するのを諦める」という事が起こらずに済むのが、BookLive「白い波の荒野へ」の特長の1つです。どれだけ購入しても、整理整頓を心配せずに済みます。
他の色んなサービスに打ち勝って、こんなに無料電子書籍というスタイルが広まっている理由としては、町にある書店が減少傾向にあるということが想定されます。
老眼で近くの文字がぼやけて見えるようになってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍を楽しめるようになったというのは画期的なことなのです。表示文字のサイズを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
物語という別世界を堪能するのは、日頃のストレス解消に半端なく実効性があります。分かりづらい物語よりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などの方が間違いなく実効性があります。


ページの先頭へ