BookLive「ブックライブ」のパッシング・スルー無料立ち読み


見ることは通り過ぎること。すべて自分のものでない風景の中を。端的なタイトルがこの短編のすべてを表している。通り過ぎること、それがすべて。町を通り過ぎながら、見る。徒歩や自転車やオートバイのように体を外気にさらさない四角い個室のまま自動車で移動することで見ることは純化される。通り過ぎることでカメラ・アイになる。そこに対向車が、ガス・ステーションが、林が、湖が、広告の看板が、遊園地が、ビーチパラソルが、教会が映る。主人公は、カメラではなく、人間であることを忘れないように(?)時折、リンゴをかじる。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



パッシング・スルー無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


パッシング・スルー詳細はコチラから



パッシング・スルー


>>>パッシング・スルーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するパッシング・スルーを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はパッシング・スルーを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してパッシング・スルーを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーを勧める理由

パッシング・スルーって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
パッシング・スルー普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
パッシング・スルーBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にパッシング・スルーを楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍ビジネスには数多くの会社が参入してきているので、入念に比較してから「どの電子書籍を利用するのか?」を決定することが必要です。取扱い書籍の数量や価格、サービスの内容などを確認することが不可欠です。
漫画を購入するなら断然電子書籍という人が右肩上がりに増えています。携帯することも不要ですし、収納場所を考える必要もないという点がウケているからです。しかも無料コミック化されているものは、いつでも試し読み可能です。
BookLive「パッシング・スルー」の拡販戦略として、試し読みが可能というのは斬新なアイデアだと思われます。どんなときでも物語の大筋を読むことができるので暇にしている時間を有効に使用して漫画を選定することができます。
CDを試し聞きしてから購入するように、漫画も試し読み後に購入するのが当たり前のことのようになってきたと言ってもいいでしょう。無料コミックを利用して、読みたい漫画を見つけ出してみてはいかがですか?
1冊1冊本屋まで行くのは不便です。そうは言っても、一気買いは退屈な内容だったときの金銭的なダメージが半端ないです。BookLive「パッシング・スルー」なら一冊一冊買えるので、失敗する確率も低いと言えます。


ページの先頭へ