BookLive「ブックライブ」の給料日無料立ち読み


やることは、ただひたすら金を使うことだけ。どこにも寄りかからない真性の無頼な時間がここにある。給料日のサラリーマン。懐には20万弱の金がある。会社帰り、男は地下鉄丸ノ内線で新宿に出る。ゲーム・センターで金を使い、パチンコで使い、飲み屋を何軒もハシゴし、誘われるままに風俗店に行き、一晩で彼はすべての給料を使ってしまう。憂さを晴らしているわけでもないようだ。自暴自棄でもない。金があり余っているわけでもない。病的でもないらしい。男は金を払う。なぜなら金を持っているから。新宿とはそういう街だから。感情にも意味にも事件にも寄せず、新宿を描ききった稀有のハードボイルド小説。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



給料日無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


給料日詳細はコチラから



給料日


>>>給料日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)給料日の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する給料日を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は給料日を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して給料日を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)給料日の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)給料日を勧める理由

給料日って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
給料日普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
給料日BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に給料日を楽しむのにいいのではないでしょうか。


数年前の漫画など、町の本屋では発注しなければ手にできない作品も、BookLive「給料日」の形で多種多様に取り扱われているので、いつでもオーダーして見ることができます。
現在進行形で連載されている漫画は何十巻と買う必要があるため、先ず初めに無料漫画で軽く読んで確かめるという人が増加しています。やはり中身を読まずに書籍を購入するのはかなり難儀だということです。
1冊1冊本屋まで購入しに行くのは大変です。だとしても、一気に買うというのは内容が大したことなかった時の金銭的なダメージが甚大だと言えます。BookLive「給料日」なら1冊ずつ購入できて、失敗する確率も低いと言えます。
ここのところ、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というサービスが誕生し人気沸騰中です。1冊毎にいくらではなくて、ひと月いくらという料金方式になっています。
BookLive「給料日」で漫画を入手すれば、部屋の隅っこに本棚を準備するのは不要になります。それに、最新刊を購入するために本屋へ出向く必要もありません。こうしたポイントから、愛用者が増えつつあるのです。


ページの先頭へ