BookLive「ブックライブ」のワン・キッス無料立ち読み


ワン・キッスは、最後のキス。片岡義男の小説において「彼女」と「彼」は偶然に出会う。昨日までは互いの存在をまるで知らなかった同士だ。夜のスナック。同じ曲をジュークボックスでかける、という偶然。帰る家がない、という出来過ぎの状況。夜の東京の、遊歩道。世田谷、環七、環八あたり。2人が歩く、昼とは違う表情の東京が美しい。やがて偶然(またしても偶然だ)に自転車を手に入れる。自転車によって、2人の移動エリアは一気に拡大する。そしてワン・キッス。それがまさかの、最後のキス。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。76年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ワン・キッス無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ワン・キッス詳細はコチラから



ワン・キッス


>>>ワン・キッスの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ワン・キッスの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するワン・キッスを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はワン・キッスを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してワン・キッスを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ワン・キッスの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ワン・キッスを勧める理由

ワン・キッスって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ワン・キッス普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ワン・キッスBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にワン・キッスを楽しむのにいいのではないでしょうか。


多くの書店では、店頭に出している漫画の立ち読みを抑止するために、ビニールカバーをつけるケースが多いです。BookLive「ワン・キッス」の場合は試し読みできますので、漫画の趣旨をチェックしてから買うか決めることができます。
最新刊が出るたび本屋まで足を運ぶのは面倒臭いです。ですが、大人買いは内容がイマイチだったときのお財布への負担が大きいでしょう。BookLive「ワン・キッス」は都度買うことができるので、その点安心です。
BookLive「ワン・キッス」を読むと言うなら、スマホに限ります。大きなパソコンは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で読みたいという時には不適切だと考えることができます。
「外出先でも漫画を楽しみたい」などと言う人に打ってつけなのがBookLive「ワン・キッス」だと言っても過言じゃありません。その日に読みたい本を運搬するのが不要になるため、カバンに入れる荷物も重くなりません。
あえて無料漫画を提案することで、利用者数を増やし利益増に繋げるのが販売会社サイドの最終目標ですが、反対に利用者にとっても試し読みができるので失敗がなくなります。


ページの先頭へ