BookLive「ブックライブ」の高原のティー・タイム無料立ち読み


高原の静かなティー・タイムは、にぎやかな劇を挟んで、再び画面にあらわれる。小説においては、このような物語も可能なのか?そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。最初と最後に、1つの視点がある。その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。CMが終わったら、番組が始まるだろう。こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあとテレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



高原のティー・タイム無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


高原のティー・タイム詳細はコチラから



高原のティー・タイム


>>>高原のティー・タイムの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)高原のティー・タイムの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する高原のティー・タイムを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は高原のティー・タイムを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して高原のティー・タイムを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)高原のティー・タイムの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)高原のティー・タイムを勧める理由

高原のティー・タイムって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
高原のティー・タイム普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
高原のティー・タイムBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に高原のティー・タイムを楽しむのにいいのではないでしょうか。


無料コミックの場合は、検討中の漫画の冒頭部分をサービスで試し読みすることができます。入手前にストーリーを一定程度まで読むことができるので、高い評価を受けています。
流行の無料アニメ動画は、スマホでも視聴可能です。昔に比べて中高年層などのアニメオタクも増加していることから、今後尚更発展していくサービスだと思われます。
老眼の為に、近いものが見えにくい状態になったという読書家にとって、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのは意義深いことなのです。フォントサイズをカスタマイズできるからです。
「すべての漫画が読み放題なら、こんなに凄いことはない」という漫画マニアの発想を踏まえて、「月に決まった額を払えば毎回の支払いは不要」という形の電子書籍が誕生したわけです。
近頃、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というプランが誕生し注目されています。1冊毎にいくらというのではなく、毎月いくらという料金徴収方式になっているわけです。


ページの先頭へ