BookLive「ブックライブ」のビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀無料立ち読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。★★42テーマで「この国」のはじまりがわかる!★★ 厳選42テーマを、500点を超える絵画・CG・写真を使って再現しました。『古事記』『日本書紀』は、天皇家の歴史が記される日本の現存最古の散文文芸作品といっても過言ではありません。 天地の始まりや神々の誕生秘話、世界の出来事などの情報が満載。 有名神社も多数紹介しました。『古事記』『日本書紀』がよくわかる必携の一冊です。※本書は、当社刊「大判ビジュアル図解 大迫力!写真と絵でわかる 古事記・日本書紀」(2015年4月発行)を再編集し、書名・判型・価格等を変更したものです。 【目次】第1章 古事記上巻第2章 古事記中巻第3章 古事記下巻第4章 日本書紀古事記・日本書紀関連年表索引<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本電子書籍は固定型レイアウトタイプの電子書籍です。※目次ページでは、該当ページの数字部分をタップしていただくと、すぐにそのページに移動することができます。なお、さくいん並びに本文中に参照ページがある場合及び【立ち読み版】からは移動できませんので、ご注意ください。また閲覧するEPUBビューアによっては正常に動作しない場合があります。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha
続きはコチラ



ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀詳細はコチラから



ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀


>>>ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀の購入価格は税込で「907円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀を勧める理由

ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀を楽しむのにいいのではないでしょうか。


書籍全般を購入する時には、何ページかをチェックしてから決定する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと同じように内容を確認することができるのです。
BookLive「ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀」を読むと言うなら、スマホが重宝します。パソコンは重たすぎるので持ち運べませんし、タブレットもバスとか電車内などで閲覧するという時には、大きすぎて利用しにくいと想定されます。
漫画本というものは、読んでしまってからBOOKOFFなどの本買取店に売ろうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、もう一度読みたくなったときに困ることになります。無料コミックであれば、収納スペースが不要なので片付けに困ることはありません。
タブレットやスマホの中にこれから買う漫画全部を収めれば、収納場所について気を揉む必要が一切ありません。一度無料コミックから利用してみると良さが理解できるでしょう。
カバンなどを持ち歩く習慣のない男性にとりましては、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのは凄いことです。荷物の量は増えないのに、ポケットに保管して本や漫画を持ち歩くことができるわけです。


ページの先頭へ