BookLive「ブックライブ」のかく云へば無料立ち読み


俳諧師であり宝井其角研究家である二上貴夫(フタカミキフウ)の第二句集。凡そ二百五十句を集録。 作者は、平成十八年に第一句集『?天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『?天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。【目次】秦野八景 九句吊 し 雛 七十八句水 引 い て 五十七句白襲 十六句体 温 も 三十一句か く 云 へ ば 四十七句一九六八~九年 十二句解題 二上貴夫氏の俳句「かく云へば」管見 福島壺春プロフィール奥付【著者】二上貴夫:一九四七年、佐賀県鹿島市生まれ。一九九一~一九九七年、『俳諧接心』岡本星女主宰より、十二句連句の手解きを受ける。一九九三~一九九六年、『草の花』(藤田あけ烏主宰)へ投句。一九九六~二〇〇五年、『紫薇』の同人になり、澁谷道主宰より、非懐紙連句の手解きを受ける。二〇〇一年『わいわい連句遊び―連句文芸賞への誘い』を刊行。二〇〇六年、其角三百回忌を加藤郁乎氏らと催す。二〇〇九~二〇一三年、『ぶるうまりん』(須藤徹主宰)へ投句。二〇一二年九月、俳誌『詩あきんど』を創刊。
続きはコチラ



かく云へば無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


かく云へば詳細はコチラから



かく云へば


>>>かく云へばの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)かく云へばの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するかく云へばを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はかく云へばを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してかく云へばを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)かく云へばの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)かく云へばを勧める理由

かく云へばって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
かく云へば普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
かく云へばBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にかく云へばを楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックを購読する前には、BookLive「かく云へば」において試し読みをすることをおすすめします。大体の内容や漫画に登場する人の風体を、先だって把握することができます。
コミックサイトと言っても、1つや2つではありません。それらのサイトを必ず比較して、自分に適したものを見つけることが大事になります。そうすれば失敗しません。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、品揃えが普通の本屋より多いということです。売れずに返品するリスクが発生しない分、多岐に及ぶ商品を取り扱うことができるわけです。
毎日のように新たなタイトルが追加されるので、毎日読んだとしても全て読み終わってしまう心配などいらないというのがコミックサイトの売りです。書店にはないちょっと前のタイトルもそろっています。
スマホで閲覧する電子書籍は、一般的な書籍と違いフォントサイズを調整することが可能ですので、老眼で近場が見えない中高年の方でも苦労せずに読めるという特徴があるというわけです。


ページの先頭へ