BookLive「ブックライブ」の消えた街無料立ち読み


満州国を舞台に、そこに生きた日本人家族の戦後を知る物語。戦争とはかくも人を翻弄していくものか………1932年(昭和7年)大日本帝国によってつくられた傀儡国家「満州国」の首都「新京」。白川妙子は国策映画会社、満州映画協会(満映)に勤務する夫、白川真之介とともに三人の子供を育て「未来に向かって開かれた」この街で6年10カ月を過ごす。。真之介の甥、野津修は「満州国」の最高学府建国大学(建大)に入学。「五族協和・王道楽土」という理念とは乖離した「満州国」の現実を目撃する。1945年(昭和20年)8月ソ連軍の侵攻とともに「新京」は消えた街となっていく。『こころ』(平凡社)第一回晩成文学賞の最終候補作。【著者】田中文夫1952年、香川県坂出市生まれ。1974年、早稲田大学政経学部卒業後、株式会社電通入社。関西支社で広告制作に携わりクリエーティブ・ディレクターを務める。2010年、電通を早期退職。田中文脈研究所を設立してコンテキスター(文脈家)となる。
続きはコチラ



消えた街無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


消えた街詳細はコチラから



消えた街


>>>消えた街の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)消えた街の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する消えた街を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は消えた街を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して消えた街を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)消えた街の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)消えた街を勧める理由

消えた街って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
消えた街普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
消えた街BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に消えた街を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「消えた街」のユーザーを増やすための戦略として、試し読みが可能というサービスは優れたアイデアだと言えるでしょう。時間や場所に関係なく書籍の内容を読むことが可能なので、暇にしている時間を上手く活用して漫画をセレクトできます。
BookLive「消えた街」はPCやスマホ、タブレットでDLするのがおすすめです。1話だけ試し読みができるので、それによりその漫画を買うかを決定するという方が少なくないと言われています。
漫画の内容が良く分からない状況で、表紙のイラストだけで漫画を選ぶのは難易度が高いです。試し読みができるBookLive「消えた街」なら、大体の中身を確認してから買うかどうかの判断ができます。
わざわざ無料漫画を閲覧できるようにすることで、利用者数を引き上げ売上につなげるのが事業者サイドのメリットですが、当然利用者にとっても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる本好きな人も多数いるようですが、1回でもスマホで電子書籍を読むと、その使い勝手の良さや購入の手間なし感からリピーターになる人が多いようです。


ページの先頭へ