BookLive「ブックライブ」の名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料立ち読み


中部圏のゲートシティー名古屋市。玄関口の「名駅」は、JR、名鉄、近鉄、名古屋市営地下鉄の駅が集まる交通の要衝。そのランドマークともいえるのがJR名古屋駅の複合型超高層ビル「JRセントラルタワーズ」だ。同駅は平成28年5月1日に開業130周年を迎えた。前身の国鉄(鉄道局)名護屋駅の開業は明治19年(1886)の同日で、翌20年に名古屋と改称。昭和12年(1937)2月1日に現在地へ移転し、当時としては東洋一の駅ビルを構えた。本書は、名古屋駅の明治~平成の動向を中心に、同駅近隣で生まれ育ち、今も居住する生粋の名古屋人がまとめた、“波瀾万丈の名駅”語る回顧録でもある。徳田 耕一(とくだこういち)交通ライター。昭和27年(1952)、名古屋市生まれ。名城大学卒業。旅行業界での経験もあり、観光系の大学や専門学校で観光学などの教鞭をとり、鈴鹿国際大学と鈴鹿短期大学では客員教授を務めた。また、旅行業界が縁で菓子業界との関係もでき、観光土産の企画や販路拡大などにも活躍。鉄道旅行博士。はこだて観光大使。主な著書に『名古屋市電が走った街 今昔』『パノラマカー栄光の半世紀』(JTBパブリッシング)、『まるごと名古屋の電車』(河出書房新社)ほか、名古屋の鉄道に関することを中心に多数。新聞・雑誌などにも多く寄稿している。
続きはコチラ



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年詳細はコチラから



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年


>>>名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を勧める理由

名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「手の届く場所に保管しておきたくない」、「読んでいるということをバレたくない」と感じてしまう漫画でも、BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」を役立てれば他所の人に非公開のまま読めます。
固定の月額費用をまとめて払えば、バラエティーに富んだ書籍を際限なしに読めるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。毎回購入しなくても読めるのが最大の利点なのです。
先だってストーリーを知ることが可能なら、買ってから後悔するようなことにはならないでしょう。本屋で立ち読みするときのような感じで、BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」でも試し読みが可能なので、内容を把握できます。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であったら、どれほどにいいだろう」という利用者の要望を元に、「月額料金を支払えば毎回の支払いは不要」というプランの電子書籍が登場したわけです。
電車で揺られている間も漫画をエンジョイしたいという人にとって、BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」ほど有益なものはありません。スマホというツールを持ち歩くだけで、手間をかけずに漫画に夢中になれます。


ページの先頭へ