BookLive「ブックライブ」の寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料立ち読み


昭和42(1967)年、夫の転勤先の四国・高松で長男を産んだ。線路際の宿舎の横を蒸気機関車が現役で走っていた。以来、長くて4年、短いときは1年で引っ越しを繰り返す――。夜中に帰ってきたとたん電話が鳴って職場に引き返すなど昼も夜もなく仕事に奔走する夫、赴任地で生まれ成長していく子どもたち、夫の上司夫妻との交流や国鉄アパートでの人間模様…。国鉄職員の仕事ぶりとそれを支えた家族の記憶が、国鉄が変革を迫られていく時代風景とともに語られていく。国鉄マンの妻が紡ぐ、“あの時代”の物語。石井妙子(いしい たえこ)昭和18(1943)年、東京生まれ。証券会社勤務時代に、国鉄職員である石井康祐(後のJR東日本発足時取締役)と結婚。3人の男児を産み育てながら、国鉄職員である夫を支える。60代半ばに差しかかり、国鉄職員とその家族がどのように働き、暮らしたのかについて「本を書いておこう」と思い立ち、本書を執筆。平成18(2006)年12月、『国鉄発・JR行き 自動制御な家族の旅』のタイトルで、岩波出版サービスセンターより自費出版。夫とともに千葉県在住。
続きはコチラ



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年詳細はコチラから



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年


>>>寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を勧める理由

寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を楽しむのにいいのではないでしょうか。


書籍の販売低迷が叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は今までにない仕組みを採用することによって、新規のユーザーを増加させているのです。今までになかった読み放題という仕組みが数多くの人に支持されたのです。
雑誌や漫画を含めた書籍を買うという時には、中をパラパラめくって確かめてから決定する人が大半です。無料コミックなら、立ち読みと同じように中身に目を通すのも容易なのです。
漫画を買い揃えると、いずれストックできなくなるという問題が起きてしまいます。ところが実体のないBookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」であれば、整理整頓に困ることから解放されるため、何も気にすることなく読めます。
「比較するまでもなく決めた」というような人は、無料電子書籍はどこも内容が同じという感覚なのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては各社違いますので、比較するべきだと思います。
手に入れるかどうか判断できない漫画がある場合には、BookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」のサイトで料金不要の試し読みをしてみるのがおすすめです。少し見て面白いと感じなければ、決済しなければ良いだけの話です。


ページの先頭へ