BookLive「ブックライブ」のなんという甘いこと無料立ち読み


まだ始まってもいない物語の空想段階はほどよく甘い25歳と28歳と24歳。この短編には3つの時間が流れている。24歳、25歳、28歳と自然の時間の流れに沿うのではなくまず25歳から始まるが描かれる場面は28歳のそれで、そこからパッと現実に引き戻されるが、その着地点はさっきまで彼女がいた25歳ではなくもう1年昔の24歳。そのようなささやかな、しかしめまいのするような時間のアクロバットによって、彼女はいま、ある「甘さ」の中にいる。それは弱さであると同時に貴重な甘美さでもあるだろう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



なんという甘いこと無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


なんという甘いこと詳細はコチラから



なんという甘いこと


>>>なんという甘いことの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するなんという甘いことを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はなんという甘いことを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してなんという甘いことを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことを勧める理由

なんという甘いことって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
なんという甘いこと普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
なんという甘いことBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特になんという甘いことを楽しむのにいいのではないでしょうか。


無料電子書籍があれば、時間を使って漫画ショップにてチョイ読みをする面倒は一切なくなります。こうしたことをせずとも、スマホの「試し読み」で内容の把握が可能だからなのです。
老眼になったせいで、近場の文字がハッキリ見えなくなってきたという本が好きな高齢読書家には、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントサイズを自分好みに調整できるからです。
多くの書店では、商品である漫画を立ち読みできないように、ビニールカバーをつけることが多いです。BookLive「なんという甘いこと」であれば試し読みができることになっているので、漫画の概略を把握してから購入することができます。
コミックサイトの最大の魅力は、置いている漫画の種類が普通の本屋より多いということでしょう。売れ残る心配が不要なので、様々な商品をラインナップできるわけです。
子供の頃に繰り返し読んだ懐かしい漫画も、BookLive「なんという甘いこと」という形でダウンロードできます。地元の本屋では取り扱っていない漫画も豊富にあるのが魅力だと言っても過言ではありません。


ページの先頭へ