BookLive「ブックライブ」の沖縄への短い帰還無料立ち読み


十年後、ぼくらはどういう歴史を持っているだろう?一九九〇年代初めから沖縄に通い、九四年に移住、十年を過ごした池澤夏樹は、多くの文章を通じて沖縄の魅力と悲しみを語りつづけた。その大量の文章の束から、エッセーや書評、文化論、インタビュー、ショートショートから村役場への意見書までを、沖縄の名編集者新城和博が厳選。著者の沖縄への深い思い、日本が誇りを持てる国であってほしいという願いが込められた一冊となった。十年以上前に書かれた文章でさえも、今なお古さを感じさせない。それが沖縄の苦しみであり幸福でもある。これからの沖縄と日本を考えるための必読の書。【目次】序 沖縄の十年とそこで得た作物のこと、それにこの先自省I 沖縄のくらし エッセイなど今なら間に合うヤンバル探検隊編集は楽しい与那国島は世界の中心沖縄人のための越境のすすめ変わるとしたら沖縄から敗軍の将に会う談話??辺野古レポートほかII 沖縄に関する本のこと 書評・解説など『おきなわことわざ豆絵本』??貧乏について『南島文学発生論』谷川健一『八重山生活誌』宮城文??生活文化の記録沖縄移住後の「読書日記」抄『よみがえれ黄金の島』小山重郎『シマサバはいて』宮里千里『西表島自然誌』安間繁樹「水滴」目取真俊ほかIII 沖縄への短い帰還 インタビューと回想「沖縄は、『鉱山のカナリア』なんですよ」 一九九五年十月異文化に向かう姿勢??岡本太郎を例として「ぼくは帰りそびれた観光客だから」 二〇〇四年四月斎場御嶽沖縄への短い帰還土屋實幸さんとモダニズムIV 太平洋に属する自分 講演しーぶん/掌編オトーシの効き目マヅルおじいの買い物一人寝解説 沖縄のユイムンと池澤夏樹(宮里千里)【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続きはコチラ



沖縄への短い帰還無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


沖縄への短い帰還詳細はコチラから



沖縄への短い帰還


>>>沖縄への短い帰還の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)沖縄への短い帰還の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する沖縄への短い帰還を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は沖縄への短い帰還を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して沖縄への短い帰還を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)沖縄への短い帰還の購入価格は税込で「1998円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)沖縄への短い帰還を勧める理由

沖縄への短い帰還って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
沖縄への短い帰還普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
沖縄への短い帰還BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に沖縄への短い帰還を楽しむのにいいのではないでしょうか。


趣味が漫画集めなのを秘匿しておきたいと言う方が、ここに来て増えていると言われます。部屋に漫画を隠しておく場所がないというようなケースでも、BookLive「沖縄への短い帰還」経由なら他の人に内緒で漫画がエンジョイできます。
スマホを使っている人なら、どこでも漫画の虫になることができるのが、コミックサイトの最大のポイントです。1冊単位で買うスタイルのサイトや1カ月単位の料金制のサイトがあります。
読み終わったあとに「予想よりもつまらなかった」という場合でも、購入した本は返品できません。でも電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、こうした状況を防ぐことができます。
面白いか面白くないか判断できない漫画があるような時は、BookLive「沖縄への短い帰還」のサイトで料金の発生しない試し読みを活用してみると良いでしょう。読める分を見てつまらないと思ったら、買わなければ良いのです。
「すべての漫画が読み放題だとしたらどんなに良いだろうね」という漫画好きのニーズからヒントを得て、「月額料を納めれば毎回の支払いはいらない」というプランの電子書籍が考案されたのです。


ページの先頭へ