BookLive「ブックライブ」の入庵雑記無料立ち読み


流浪の俳人尾崎放哉は90年前、小豆島の島民に看取られその生涯を終えた。今も島に生きる「放哉さん」。「入庵雑記」は放哉が小豆島に来て3ヶ月後に書いたもの、亡くなる半年前1925年と思われる。自由律俳句の俳人放哉が終焉の地、小豆島西光寺の南郷庵に暮らした年月はわずか8ヶ月であった。海が好き、母恋し、しかし放蕩わがままな放哉にとって、暖かく包み込むような島民のお世話を得て、小豆島は放哉最期にふさわしい場所ではなかったか。著名な句「咳をしてもひとり」の放哉はまた随筆の達人であった。メソメソしたところが目につくものの、言葉使いの美しさは絶妙で、やはり放哉ならではである。【目次】島に来るまで海念仏鉦たたき石風灯【著者】尾崎放哉鳥取県鳥取市出身。東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。
続きはコチラ



入庵雑記無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


入庵雑記詳細はコチラから



入庵雑記


>>>入庵雑記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)入庵雑記の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する入庵雑記を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は入庵雑記を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して入庵雑記を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)入庵雑記の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)入庵雑記を勧める理由

入庵雑記って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
入庵雑記普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
入庵雑記BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に入庵雑記を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ほとんどのお店では、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、ヒモで結ぶケースが一般的です。BookLive「入庵雑記」でしたら試し読みというサービスがあるので、物語のアウトラインを理解してから購入が可能です。
一昔前に読みまくっていた思い出のある漫画も、BookLive「入庵雑記」という形で購入できます。地元の本屋では扱われない漫画も数多くあるのが利点です。
各種サービスに競り勝って、これほどまで無料電子書籍という形が拡大している要因としては、普通の本屋がなくなりつつあるということが指摘されているようです。
BookLive「入庵雑記」で漫画を購入すれば、自分の家に本棚を確保する必要は全くなくなります。それに、最新刊を購入するためにお店に通う必要もありません。このような面があるので、利用を始める人が増えているというわけです。
BookLive「入庵雑記」はPCやスマホ、タブレット端末で閲覧することができて、非常に重宝します。さわりだけ試し読みを行って、その本を買うかどうかを判断するという方が多いらしいです。


ページの先頭へ