BookLive「ブックライブ」の残したい日本の手仕事無料立ち読み


実用性のみならず、見た目の美しさも兼ね備えたMade in Japanはますます進化を遂げ、世界中から注目を集めています。そして、それらのルーツを語るときに欠かせないのが「民藝」というものの存在です。本書は、手仕事フォーラムの代表であり鎌倉の民藝店「もやい工藝」の店主でもあった故・久野恵一さんによって、雑誌『Discover Japan』誌上で7年間にわたり連載された「残したい日本の手仕事」を加筆・修正し、新たな取材記事を加えて編集したものです。日本各地の民藝品を知り尽くした久野さん自らが選んだ、永遠に残したい33の手仕事とそれらに携わる職人の物語。本書を通して、モノづくり大国ニッポンのルーツに触れてください。※デジタル版は、紙の書籍とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
続きはコチラ



残したい日本の手仕事無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


残したい日本の手仕事詳細はコチラから



残したい日本の手仕事


>>>残したい日本の手仕事の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)残したい日本の手仕事の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する残したい日本の手仕事を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は残したい日本の手仕事を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して残したい日本の手仕事を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)残したい日本の手仕事の購入価格は税込で「1800円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)残したい日本の手仕事を勧める理由

残したい日本の手仕事って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
残したい日本の手仕事普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
残したい日本の手仕事BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に残したい日本の手仕事を楽しむのにいいのではないでしょうか。


本のネットショップでは、おおよそ表紙とタイトルに加え、ざっくりとしたあらすじしか見ることはできません。でもBookLive「残したい日本の手仕事」であれば、冒頭部分を試し読みすることができるようになっているのです。
無料漫画をわざわざ提示することで、集客数を上げそこから販売につなげるのが業者にとってのメリットですが、当然ですが、利用者にとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得するということなのです。サイトが閉じられてしまえば利用できなくなるのは必至なので、必ず比較してから安心のサイトを選択しましょう。
BookLive「残したい日本の手仕事」を読むなら、スマホが最適です。パソコンは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも電車など混み合った中で閲覧するというような時にはちょっと不便だと言えるのではないでしょうか。
書店など人目につくところでは、中身の確認をするのも後ろめたさを感じるような漫画だとしても、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍の場合は、物語をよく理解してからDLすることができます。


ページの先頭へ