BookLive「ブックライブ」の思い出の街無料立ち読み


かつて中島梓が運営していたHP、神楽坂倶楽部に2004年3月に1か月に渡り連載されていたエッセイ。 中島梓は神楽坂倶楽部というホームページを運営し、毎朝更新するのを日課にしていました。本書はその神楽坂倶楽部の2004年3月1日から31日まで連載されていたエッセイをまとめたものです。 新婚時代を過ごした赤坂、大学時代を過ごした早稲田、中学・高校時代を過ごした大塚などが、中島梓の個人的な思い出と共に当時の時代を感じさせるエピソードをまじえて生き生きとした筆致でつづられています。【著者】中島梓 1953年、東京に生まれる。1977年、「文学の輪郭」で群像新人賞。1978年「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞受賞。1981年「弦の聖域」で吉川英治文学賞新人賞を受賞。2009年5月没。SF、ファンタジー、ミステリ、評論、エッセイなど多くのジャンルを手掛け、中島梓・栗本薫名義で400冊を越える著作がある。代表作「グイン・サーガ」は2009年12月発売の130巻「見知らぬ明日」で栗本薫名義の刊行は中断、以後五代ゆう、宵野ゆめが続刊を引き継いでいる。
続きはコチラ



思い出の街無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


思い出の街詳細はコチラから



思い出の街


>>>思い出の街の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)思い出の街の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する思い出の街を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は思い出の街を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して思い出の街を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)思い出の街の購入価格は税込で「378円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)思い出の街を勧める理由

思い出の街って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
思い出の街普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
思い出の街BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に思い出の街を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ずっときちんと本という形で買っていたといった方も、電子書籍に乗り換えた途端に、便利で戻れなくなるということが多いのだそうです。コミックサイトも色々ありますので、必ずや比較してから選択した方が良いでしょう。
コミックを購読する予定なら、BookLive「思い出の街」上で軽く試し読みをするということが大事です。大まかなあらすじや主要登場人物の絵柄などを、支払前に把握できます。
無料漫画が楽しめるということで、利用者数が右肩上がりになるのは何ら不思議な事ではありません。店頭とは異なり、人の視線に気を配ることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍だけの長所だと思います。
サービスの細かな点に関しては、運営会社によって異なります。従いまして、電子書籍を何所で買うかということについては、比較するのが当たり前だと思っています。安直に決めるのはよくありません。
日頃から沢山漫画を買う人にとっては、月額料金を払えばいくらでも読み放題でエンジョイすることができるという購読方法は、まさしく革命的と言えるのではないでしょうか?


ページの先頭へ