BookLive「ブックライブ」の軍隊日記無料立ち読み


黒島伝治の農民もの、シベリアもの、どちらの小説も、古いフィルムを回しながら観る映画のようだ。この『軍隊日記』は姫路聯隊へ入隊するために東京を引き上げる日、すなわち大正八年十一月二十日から書きはじめられ、シベリアへ動員される直前の大正十年四月八日で「除隊の日まで』と題する第一冊がおわり、第二冊目は『星の下を』という題でシベリア時代の日記となり大正十一年七月十一日兵役免除となって帰郷し、さらに翌年の七月九日の日附のところでおわっている。日本文学のなかで軍隊生活に取材した小説は相当あるが、作家の手で書かれた軍隊日記はおそらく黒島伝治の『軍隊日記』が唯一のものではないだろうか。(壺井繁治記)【著者】黒島伝治香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれる。実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。1922年病を得て小豆島へ帰郷する。
続きはコチラ



軍隊日記無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


軍隊日記詳細はコチラから



軍隊日記


>>>軍隊日記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)軍隊日記の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する軍隊日記を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は軍隊日記を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して軍隊日記を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)軍隊日記の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)軍隊日記を勧める理由

軍隊日記って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
軍隊日記普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
軍隊日記BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に軍隊日記を楽しむのにいいのではないでしょうか。


日々新たな漫画が配信されるので、何十冊読んでも全て読み終わってしまうという状況にはならないというのがコミックサイトなのです。書店ではもう扱われないニッチなタイトルも読むことができます。
アニメを見るのが趣味の方からすれば、無料アニメ動画は画期的と言えるコンテンツです。スマホを持ってさえいれば、いつでも視聴することが可能なのです。
利用料が月額固定のサイト、登録の要らないサイト、1巻ずつ決済するサイト、無料にて読むことができる作品が充実しているサイトなど、コミックサイトも1つ1つ違いがありますから、比較検討すべきだと思います。
誰でも読める無料漫画を読めるようにすることで、集客数を上げ売上増に結び付けるのが事業者側の最終目標ですが、反対にユーザー側にとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
「あるだけ全部の漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」というユーザーのニーズに応える形で、「月額料を支払えば購入の度に決済しなくてよい」というプランの電子書籍が生まれたわけです。


ページの先頭へ