BookLive「ブックライブ」のあたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?無料立ち読み


松本幸夫氏は、研修先で、自分自身のために、読書をするように伝えている。 すると、「忙しくて、本を読む時間がない」、「何を読んでいいのかわからない」という質問がよく挙がってくる。特に、読書がまだ習慣になっていないという人が質問をするようだ。  習慣化している人ならば、どんなに忙しくても読む時間を捻出するし、テーマを持っているので、何を読んでいいかわからないということは考えにくいだろう。 しかし、習慣化していない人が、何をどのように読んでいいのか迷っていたのなら、手を差しのべる必要はある。実際にこのように困っている人と一緒に書店に行き、この本を読んだらどうかとアドバイスしたこともある。 読書はとっつきにくい、苦しい、というネガティヴな意識を持っていないだろうか? もしそうなら、もっと読書は「楽しいもの」と感じて欲しい。本好きの方はさらに本を愛して欲しい。読書に対してのトラウマ、までいかないまでも、読書でイヤな思いをしたことがあると、本嫌いになってしまうだろう。あたかも、学校で好きな先生の教えた教科が好きになり、イヤな先生の教科は嫌いになるのと似ている。本は、「硬い本」ばかりでは、本が嫌いになる可能性がある。かといって、いうまでもなく「柔らかい本」ばかりだと、じっくり考える力とか、知識のフレームを広げるなんていうことはできないだろう。大切なことは、硬軟織り交ぜて読むことだ。意外と専門書しか読まない、という人は多いが、それはかえってよくない。教養とか知識のフレームというのは、何も専門領域だけに限らない。むしろ、もっと広く「人間」を学んでいく必要があるだろう。本のよさを知ってもらい、読書の習慣を身につけてもらうよう、様々な観点から読書論をまとめてみた。本書を読んで、好きな項目からでいいので、実行してみよう。 松本氏は、自分の使命を、よい本を書くことと、本のよさを多くの人に知ってもらうこと、出版界を元気にすることと考えている。 なぜなら、思い返してみても、読書することによって今の自分を形成できたというのが大きく、自分を育ててくれた本の土壌をもっと豊かで実りの多いものにしたいという思いが強い。 読書は楽しくて、人間的な成長を助けてくれるもの。読書好きな人ならば、それだけあなたが抱えている目標に近づきやすくなるだろう。 本書によって、読書好きならばより好きになってもらいたく、また苦手意識のある人ならば少しでも本が好きになってもらえれば幸いだ。
続きはコチラ



あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?詳細はコチラから



あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?


>>>あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するあたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はあたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してあたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?を勧める理由

あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にあたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「どのサイトで書籍を購入するか?」というのは、とても重要なポイントだと言えます。価格やシステム内容などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍に関しましては比較しなくてはいけないと断言できます。
BookLive「あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール?」は手軽に持ち運べるスマホやNexusやiPadで読む方が多いです。さわりだけ試し読みが可能なので、それ次第でその漫画を買うかどうかを確定するという人が増えているのだそうです。
漫画や本を耽読したいという方にすれば、何冊も買うというのは金銭的負担が大きいと言って間違いないでしょう。ところが読み放題だったら、1冊毎の単価を大幅に抑えることも出来なくないのです。
書店では販売していないというような古いタイトルも、電子書籍なら見つけることができます。無料コミックの中には、団塊の世代が学生時代に読みまくった本が含まれていることもあります。
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出していますから、きちんと比較してから「どの電子書籍を利用するのか?」を決めることが大切です。扱っている本の数やコンテンツ、価格などを比較することをおすすめします。


ページの先頭へ