BookLive「ブックライブ」の新五輪書?無料立ち読み


 欧米で、「武蔵」や「五輪書」がブームになって久しい。日本式経営が注目され、その一環としての武蔵ブームなのかもしれない。宮本武蔵というと、「二刀流」というイメージを抱かれる方も多いだろう。あるいは、生涯一度も負けなかった剣豪、勝つためには手段を選ばない武芸者、道を追求した男、とさまざまな評価がある。本書では「右脳開発」という観点から、武蔵をとらえてみたい。松本氏は、武蔵が二刀を自在に用いたということから、もしかしたら武蔵は右脳人間ではなかったか、と仮説を立てた。この仮説を決定づけてくれたのは、彼の芸術面での才能だ。右脳は「芸術脳」でもあり、音楽や絵画的な能力を司る。二刀流武蔵は左手を意のままに、意を超えて使用することによって右脳を自然に開発したに違いない。本書では、宮本武蔵の右脳開発の技術に学び、私たちが現代の戦場であるビジネスの中で、右脳をどのように活用していったら良いのかを説いていく。武蔵の名が今日にあるのは、彼の剣の技量や、芸術面での才能ばかりではない。もし、武蔵に「兵法三十五か条」や「五輪書」がなかったならば、彼は一介の剣豪、一介の画師にすぎなかったに違いない。これらの著作は、右脳ではなくて左脳中心の作業である。なぜなら、大脳の左半球は主に言語、論理脳であり、物を書くというのは主に左脳の働きによるからだ。つまり、武蔵は、芸術面で「右脳」を開発していたばかりか、文章をまとめる「左脳」の能力にも傑出していたということになる。 宮本武蔵は、左右両脳をバランス良く発達させた、全脳思考の人間であった。しかも剣の技術という「肉体」面でも、超人的な力を発揮した。「五輪書」は、寛永20年(1643)10月、熊本の金峰山中腹、雲厳寺の霊厳洞で書かれたものといわれている。兵法を五つの道に分け、地の巻(兵法の道)、水の巻(兵法の理)、火の巻(実戦、勝負のこと)、風の巻(他流派のこと)、空の巻(兵法の究極)といった内容になっている。 本書もこれにならい、地、水、火、風、空の五つの章から構成し、「頭脳開発」、中でも「右脳開発」を中心に話を進めていきたい。ビジネスマン、事業経営者、あるいは広く一般の方々の頭脳を意識的に開発する教本、つまり、新しい五輪書になるものと信じている。 空理空論よりも「実戦」を重んじた武蔵と同じく、本書も実行されることによって、大きな力となる。
続きはコチラ



新五輪書?無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


新五輪書?詳細はコチラから



新五輪書?


>>>新五輪書?の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新五輪書?の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する新五輪書?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は新五輪書?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して新五輪書?を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)新五輪書?の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)新五輪書?を勧める理由

新五輪書?って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
新五輪書?普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
新五輪書?BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に新五輪書?を楽しむのにいいのではないでしょうか。


売切れになった漫画など、書店では発注をかけてもらわないと手元に届かない書籍も、BookLive「新五輪書?」という形で多数販売されているため、スマホが1台あれば入手して閲覧可能です。
漫画があって当然の生活を隠匿しておきたいと思う人が、このところ増えていると聞きます。自宅には漫画を持ち帰りたくないっていう人だとしても、BookLive「新五輪書?」だったら人に内緒のままで閲覧することができます。
「連載形式で発刊されている漫画だからこそいいんだ」という方には無用なものです。けれど単行本出版まで待って買うようにしているというファン層からすれば、事前に無料漫画で内容を試し読みできるのは、本当にありがたいことだと言えます。
漫画や本を買い揃えると、いずれ収納場所に困るということが起きてしまいます。けれども書籍ではないBookLive「新五輪書?」であれば、本棚の空きがないと悩む必要性がないため、いつでも気軽に楽しめるというわけです。
長期間連載している漫画は連載終了分まで購入することになりますので、先に無料漫画で軽く読んで確かめるという方が増えつつあります。やはり表紙だけみて漫画の購入を決断するというのは難しいのでしょう。


ページの先頭へ