BookLive「ブックライブ」の続けたいなら仕組みをつくれ!無料立ち読み


 あなたは自分のことを「長続きしない人間」「三日坊主」だと思っていないだろうか? 実は、松本幸夫氏もそうなのだ。しかも、過去形ではなく、現在もそうだという。 松本氏は、ある特定の分野については、とてもしつこくてやめないし、徹底している。例えば、ものを書くというのはその特定の分野の一つで、本を出すのは28歳のときから続けていて、今では100冊を超すまでに至っている。 このことだけを見て、人は松本氏を「長続きする人」と思ってくれている。本当は気まぐれで、移り気で続かない松本氏だが、「松本さん、三日坊主!」なんて言われたことはない。 ほかにも、武道、格闘技、語学など、特定の分野には徹底してやめないで、飽きずに続けている。松本氏は、どんな人でもすべてに「続ける力」がないのではない、と考える。どんなに自分は「三日坊主」と思える人であっても、自分の趣味なら「長続きする」ものなのだ。たとえほかは「三日坊主」であったとしてもだ。松本氏の語学歴のなかで、続いているものはやはり趣味と合致している。韓国ドラマにはまり、「字幕なしでドラマを楽しむ」という無謀な目標を持った。なぜ無謀かというと、それまでに何一つハングルの知識はなかったからだ。年齢も40半ばに達していたが、「韓国語の勉強」は長続きしていて、今は、留学生にマンツーマンで、仕事の合間にレッスンを受けている。理由は、好きだからで、つまり、趣味になってしまっていて、やめる気がないのだ。 松本氏は、研修講師という仕事もしているが、これも同じ。創意工夫をしながら常にマイナーチェンジをして、さらなる「質」の向上をテーマにしながら「やめない」のだ。 まあ、恋愛もそうだが、これも間違うとストーカーとなりかねないので、気をつけなくてはならないのでしょうが……。 松本氏が主張したいのは、自分で「飽きっぽい」「続かない」と思っている人であっても、なんらかの「続いていたこと」はあるのだ。 この「続ける力」を、あなたが「これは続けたい」という仕事やほかの行動に向けることができたなら、もうあなたは大丈夫。 では、どうやってあなたの「続ける力」を集中させて、「やるべきこと」や「やらねばならないこと」に向けていくのだろうか? 本書は、その具体的な方法をこれから伝えていく。本書を読み、各種のノウハウを実行したらなら、もうあなたのことを「続かない人」や「三日坊主」なんて誰も言わない。
続きはコチラ



続けたいなら仕組みをつくれ!無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


続けたいなら仕組みをつくれ!詳細はコチラから



続けたいなら仕組みをつくれ!


>>>続けたいなら仕組みをつくれ!の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)続けたいなら仕組みをつくれ!の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する続けたいなら仕組みをつくれ!を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は続けたいなら仕組みをつくれ!を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して続けたいなら仕組みをつくれ!を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)続けたいなら仕組みをつくれ!の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)続けたいなら仕組みをつくれ!を勧める理由

続けたいなら仕組みをつくれ!って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
続けたいなら仕組みをつくれ!普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
続けたいなら仕組みをつくれ!BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に続けたいなら仕組みをつくれ!を楽しむのにいいのではないでしょうか。


1巻ずつ書店で買い求めるのは時間がかかりすぎます。だけども、まとめて買うのは退屈な内容だったときにお財布へのダメージが甚だしいです。BookLive「続けたいなら仕組みをつくれ!」は1冊ずつ購入できるので、その辺の心配が不要です。
スマホやノートブックの中にこれから買う漫画全部を収めれば、本棚が空いているかどうかについて心配することがなくなります。ひとまず無料コミックから閲覧してみてください。
競合サービスを追い抜く形で、ここ最近無料電子書籍というものが拡大し続けている理由としては、町にある書店が消滅しつつあるということが指摘されているようです。
幼少時代に何度も読んだ思い入れの強い漫画も、BookLive「続けたいなら仕組みをつくれ!」として読めます。書店では置いていないような作品も数多く見受けられるのがポイントだと言うわけです。
アニメのストーリーに入り込むというのは、ストレス解消に大変役に立ってくれるでしょう。深いメッセージ性を持ったテーマよりも、簡単で分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめと言えます。


ページの先頭へ