BookLive「ブックライブ」の「発明・アイデア」の教科書無料立ち読み


本書では、発明のためのアイデア発想法から、どうすれば商品化できるかまでを、1万件以上の発明相談経験を持つ著者がわかりやすく解説しています。「自分サイズのテーマ」の選び方や、アイデアが湧き出る「カエル発想法の極意」などを、商品化された発明・アイデア商品の実例を交えながら紹介しています。また、コピーして使える企画提案書のフォームも掲載しています。
続きはコチラ



「発明・アイデア」の教科書無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「発明・アイデア」の教科書詳細はコチラから



「発明・アイデア」の教科書


>>>「発明・アイデア」の教科書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「発明・アイデア」の教科書の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「発明・アイデア」の教科書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「発明・アイデア」の教科書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「発明・アイデア」の教科書を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「発明・アイデア」の教科書の購入価格は税込で「3888円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「発明・アイデア」の教科書を勧める理由

「発明・アイデア」の教科書って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「発明・アイデア」の教科書普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「発明・アイデア」の教科書BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「発明・アイデア」の教科書を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「「発明・アイデア」の教科書」を広めるための戦略として、試し読みができるというのは斬新なアイデアだと思われます。時間を忘れてあらすじをチェックすることができるので、自由な時間を利用して漫画選びができます。
新刊が出るたびに書店まで買いに行くのは時間がかかりすぎます。だとしても、一気に買うというのは内容が大したことなかった時のお財布への負担が大きいでしょう。BookLive「「発明・アイデア」の教科書」は読む分だけ買えるので、その点心配無用だと言えます。
本屋では、商品である漫画を立ち読みさせないために、シュリンクをかけるというのが普通だと言えます。BookLive「「発明・アイデア」の教科書」ならば試し読みというサービスがあるので、内容を精査してから買い求めることができます。
断捨離というスタンスがたくさんの人に受け入れてもらえるようになった最近では、本も印刷物として持ちたくないということで、BookLive「「発明・アイデア」の教科書」を活用して楽しむ人が増えつつあります。
電子書籍の悪い点として、いつの間にやら料金が跳ね上がっているということが十分考えられます。けれども読み放題だったら毎月の支払いが固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても支払金額が高くなる心配は無用です。


ページの先頭へ