BookLive「ブックライブ」の本音のコラム無料立ち読み


栗本薫の筆名で知られる中島梓が2005/10/7から翌9/29に渡って東京新聞に連載したコラムを収録栗本薫の筆名で知られる中島梓が、2005年10月7日から翌年9月29日に渡って東京新聞に連載した53篇のコラムを収録。警官に注意されて逆上し尻を露出して逮捕された事件を取り上げた「尻出しおじさん」、10年前に「死ね」という言葉を安易に使う風潮を憂えた「『死ね!』という罵言」、被害者の個人情報まで興味本位に晒してしまうニュース報道に疑問を呈した「被害者の人権」、衣替えの時期の理不尽さについて語る「太陰暦の衣替え」など、当時の世相や日常の些末事までを硬軟取りまぜてユニークな視点から評した書。【著者】中島梓1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、400点を越える著作が刊行された。
続きはコチラ



本音のコラム無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


本音のコラム詳細はコチラから



本音のコラム


>>>本音のコラムの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)本音のコラムの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する本音のコラムを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は本音のコラムを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して本音のコラムを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)本音のコラムの購入価格は税込で「583円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)本音のコラムを勧める理由

本音のコラムって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
本音のコラム普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
本音のコラムBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に本音のコラムを楽しむのにいいのではないでしょうか。


物を溜め込まないというスタンスが世の中の人に分かってもらえるようになったと言える今現在、本も冊子形態で携帯せず、BookLive「本音のコラム」を用いて閲覧する方が拡大しています。
買いたい漫画はたくさんあるけど、購入しても収納できないという人は大勢います。そのため、保管スペースを全く考えずに済むBookLive「本音のコラム」の使用者数が増加してきているのです。
試し読みという形で漫画のストーリーやイラストを確認してから、不安になることなく買うことができるのがネット漫画のメリットです。支払いをする前にストーリーを知ることができるのでお金を無駄にしなくて済みます。
0円で読める無料漫画をわざわざ提供することで、利用者数を増やし売上増に結び付けるのが電子書籍サイトの目的ですが、反対に利用者側にとっても試し読みが出来るので助かります。
「連載という形で販売されている漫画を見るのが好きなんだ」という人には無用なものです。しかしながら単行本が発売されてから買い求めると言う人にとっては、単行本購入前に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、非常に有益です。


ページの先頭へ