BookLive「ブックライブ」の人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬無料立ち読み


『侘び然び幽玄のこころ』で日本の美しくも厳しい精神哲学を解き明かした著者が、「生きること」の本質と<自分>という存在の根源的命題を問う。人類73億人のほとんど全員が一生考えることなく終わってしまう人間の根源的命題<自分>について考察する。 池田晶子氏・中島義道氏や永井均氏らの意識論を批判的に分析し、現代哲学の在り方に疑問を呈しながら、新たな哲学(自然哲学=純粋哲学)の必要性を提示している。 著者が一貫して言わんとすることは、エリートと言われる人たち即ち学者や評論家あるいは一流企業人や官僚たちが、ただそれだけでエリートとして通用している事への懐疑と、政治家の器と視野の狭さに対する批判である。何より、戦後日本が1966年来日の哲学者サルトルによってアンガジェされた現実への警鐘である。いまだに言論人の支柱となっているアンガージュマンによって左翼思想が蔓延し、日本人の無思考化への著しい悪影響を与えていると分析する。そして、著者は読者に問いかける―。 「人が考えるということ」「思索すること」とはどういうことなのだろうか。 そして「自分の人生を生きる」とは。 さらには、「自分」が「存在する」ということの本質は何だろうか、と問い直す。 「自分」はなぜ、<自分>なのか―。 高き理想を目指し、いま目の前にある現実を前向きに生きる― この一見矛盾する事柄を止揚統合してこそ、真に生きるということであり、人にはその課題が与えられていると著者は説く。そのためには、自分の頭で思考し、自分の足で人生を切り拓くしかない、と著者は語り掛けてくる。 社会批評でありながら、読者に<自分>や「人生」について思考させずにはおかない「真に生きる」ことを求める人のための1冊である。
続きはコチラ



人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬詳細はコチラから



人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬


>>>人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬の購入価格は税込で「1447円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬を勧める理由

人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬を楽しむのにいいのではないでしょうか。


たくさんの人が無料アニメ動画を見ています。何もやることがない時間とか電車で移動中の時間などに、手間要らずでスマホで見ることが可能だというのは、とても便利だと思います。
簡単にダウンロードして楽しめるというのが、無料電子書籍の良いところです。販売店まで訪ねて行く必要も、インターネットで申し込んだ本を郵送してもらう必要もないのです。
漫画好きを他人に知られたくないという人が、このところ増えていると言われます。家の中には漫画は置けないような方でも、BookLive「人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬」を使えば誰にも気兼ねせずに漫画を読むことができます。
新刊が出るたびに漫画を買い求めていけば、その内ストックできなくなるという問題が生じます。だけどサイトで閲覧できるBookLive「人生は残酷である-実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬」なら、保管場所に困ることがなくなるため、場所を気にすることなく楽しめます。
コミックサイトの一番のアピールポイントは、品揃えが普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと言えます。在庫を抱えるリスクがありませんので、多数の商品を置けるのです。


ページの先頭へ