BookLive「ブックライブ」のVRコンテンツ開発ガイド 2017無料立ち読み


【VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した一冊!】VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅! 現在のVR事情を深いところまで押さえて活用できる、テクニカルバイブルが登場! VRアトラクションの雄、ハシラスCTO「古林克臣」、ガンナーオブドラグーンで受賞多数の「野生の男」、パノラマ動画案件を多く手掛ける「izm」、WebVRの先駆者「比留間和也」、VR周辺に詳しい「西川善司」。5名の強力執筆陣による、濃く深い情報が手に入る一冊です!〈著者について〉西川善司(トライゼット)テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。株式会社ハシラス 最高技術責任者/CTO古林克臣Unity・UE4エンジニア。CTOを務めるVRコンテンツ制作会社のハシラスでは、主にHTC Viveを使用したVRアトラクションを制作。「ソロモン・カーペット」や「Hashilus」新バージョンなどの制作に関わる。また、「フレームシンセシス」という個人活動名でも多数のVRコンテンツを制作し、VR体験会などで精力的に作品の出展を行っている。Hydrangea野生の男同人ゲームサークルHydrangeaを2013年に立ち上げ、同年のコミックマーケットにて日本初のフルVRゲーム「Perilous Dimension(現BLAST BUSTER)」を展示・頒布。2014年には「BLAST BUSTER」が窓の杜ゲーム大賞を受賞。2016年にBitSummit 4th、Unity VR Expo AKIBAで第2作目「The Gunner of Dragoon」がアワードを受賞。本職は2015年までVRどころかゲームと関係のないソフトウェア開発会社に島根県で勤務していたが、2016年から上京しゲーム会社にてVRエンジニアを務める。フォージビジョン株式会社VR事業部 リードエンジニアizm愛知の製造業の会社でR&Dエンジニアとして勤務しながら、趣味のVRコンテンツ開発を数年行う。2016年1月よりVRに関われる現職のフォージビジョン株式会社に転職。現在はOculus Rift、HTCVive、PlayStation VR向けVRコンテンツ開発を主業務としている。座間味ロケットジャンプを始めとして、パノラマ動画コンテンツを複数手がけている。比留間和也VRエンジニア/Unityエンジニア。Webエンジニア、iOSエンジニアを経験したのち、趣味のVRコンテンツ開発が高じてVR開発をメインとした活動を開始。現在はOculus Rift、HTCVive向けVRコンテンツ開発を主業務としている。VRコンテンツはゲームを主体とし、ニコニコ生放送などで利用される「複数参加型」のものを多く開発中。
続きはコチラ



VRコンテンツ開発ガイド 2017無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


VRコンテンツ開発ガイド 2017詳細はコチラから



VRコンテンツ開発ガイド 2017


>>>VRコンテンツ開発ガイド 2017の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)VRコンテンツ開発ガイド 2017の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するVRコンテンツ開発ガイド 2017を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はVRコンテンツ開発ガイド 2017を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してVRコンテンツ開発ガイド 2017を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)VRコンテンツ開発ガイド 2017の購入価格は税込で「2592円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)VRコンテンツ開発ガイド 2017を勧める理由

VRコンテンツ開発ガイド 2017って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
VRコンテンツ開発ガイド 2017普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
VRコンテンツ開発ガイド 2017BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にVRコンテンツ開発ガイド 2017を楽しむのにいいのではないでしょうか。


楽しめそうかどうか悩み続けている作品があるときには、BookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」のサイトで料金不要の試し読みを利用してみることをおすすめしたいと思います。ちょっと読んで魅力を感じなければ、購入しなければ良いのです。
業務が多忙を極めアニメを見る時間を確保することができないというサラリーマンにとっては、無料アニメ動画が役に立つでしょう。テレビ放送のように、毎週定時に視聴する必要がありませんから、空き時間に視聴できるのです。
スマホを介して電子書籍を手に入れれば、電車やバスでの移動の間や仕事の合間の一服タイムなど、いつでもどこでもエンジョイできます。立ち読みも可能なので、本屋まで出かけるなどという必要性がありません。
買いたい漫画はあれこれ販売されているけど、買ったとしても収納する場所がないと嘆いている人も多いようです。だから片づける場所をいちいち気にせずに済むBookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」の評判が上昇してきているのでしょう。
「通勤時にも漫画を見ていたい」とおっしゃる方に向いているのがBookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」だと言っていいでしょう。読みたい漫画をバッグに入れておくこともないので、荷物も軽くすることができます。


ページの先頭へ