BookLive「ブックライブ」の記念写真無料立ち読み


同意なき記念写真偶然地下鉄に乗り合わせた男女が久しぶりだからちょっと飲もう、ということになる。よくある場面だ。そして6軒もハシゴして女のほうが酔いつぶれそうになっている。男は女を支えながら部屋まで送っていく。女は寝てしまう。そこで男はその日、景品で当たったインスタント・カメラをたまたま今、自分が持っていることに思い至る。酔いつぶれた女が目の前に横たわり、そこにカメラがある時、男はどうするのか。片岡義男はそれをどう書いているのか。さあ、今からそれを読んでみよう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



記念写真無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


記念写真詳細はコチラから



記念写真


>>>記念写真の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)記念写真の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する記念写真を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は記念写真を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して記念写真を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)記念写真の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)記念写真を勧める理由

記念写真って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
記念写真普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
記念写真BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に記念写真を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「どのサイトを利用して本を買うことにするか?」というのは、非常に大事なことだと言えます。料金やシステムなどにそれぞれ特徴があるので、電子書籍と申しますのは比較して決めないとならないと考えています。
暇つぶしに丁度いいサイトとして、ブームとなっているのがBookLive「記念写真」になります。ショップに足を運んでどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホさえあれば繰り返し読めるという所がおすすめポイントです。
最初に試し読みをして自分が好きな漫画なのかを理解した上で、心配せずに買い求めることができるのがネットで読める漫画の特長です。買い求める前に内容を確認できるので失敗する心配はいりません。
毎月定額料金を支払ってしまえば、様々な書籍を何冊でも読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で大人気です。毎回購入しなくて良いのが一番のポイントです。
まだ幼いときに何度も読み返した思い入れの強い漫画も、BookLive「記念写真」として閲覧できます。地元の本屋では置いていないような作品もラインナップされているのが特長だと言うわけです。


ページの先頭へ