BookLive「ブックライブ」の美術館で過ごした時間無料立ち読み


美術館が最適恋人同士、とはどうもいえないようだが、親密な二人だ。親密であいまいな二人。彼女が引っ越した新しい部屋、そこからほど近くに美術館があり、そこがまるで部屋から見て離れのような位置にあり、あたかも自分だけの美術館のような……という位置の構造がこの短篇小説の構造と二人の距離の精妙さに響き合っている。いうまでもなく美術館は公共空間だが、なにしろ「離れ」でもあるのだから、「悪くない」「なにが?」「こういうの」という言葉へと至るそんな行為にも似つかわしい場所なのだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



美術館で過ごした時間無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


美術館で過ごした時間詳細はコチラから



美術館で過ごした時間


>>>美術館で過ごした時間の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)美術館で過ごした時間の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する美術館で過ごした時間を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は美術館で過ごした時間を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して美術館で過ごした時間を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)美術館で過ごした時間の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)美術館で過ごした時間を勧める理由

美術館で過ごした時間って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
美術館で過ごした時間普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
美術館で過ごした時間BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に美術館で過ごした時間を楽しむのにいいのではないでしょうか。


近頃、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが提供され注目を浴びています。1冊ごとにいくらというのではなく、毎月いくらという料金収受方式を採用しているのです。
スマホユーザーなら、どこでも漫画漬けになることが可能なのが、コミックサイトのセールスポイントです。1冊単位で購入するスタイルのサイトや月額固定性のサイトなど様々あります。
BookLive「美術館で過ごした時間」がアダルト世代に根強い人気があるのは、子供の頃に何度も読んだ作品を、もう一度気軽に楽しめるからだと言えます。
まず試し読みをして漫画の物語を吟味した上で、納得して手に入れられるのがネット上で買える漫画のメリットです。事前に物語を把握できるので失敗することがほとんど皆無です。
スマホにダウンロードできるBookLive「美術館で過ごした時間」は、出掛ける時の荷物を軽くするのに貢献してくれます。バッグなどの中に何冊も本を詰めて持ち運ぶようなことをしなくても、自由に漫画を見ることができるわけです。


ページの先頭へ