BookLive「ブックライブ」のもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳無料立ち読み


【こう撮りたい、ああ伝えたい、を実現させるための表現アイデア大全】カメラの性能がよくなり、誰でも美しい写真を簡単に撮ることができるようになった今、写真とどう向き合っていくかは大きなテーマです。写真は被写体を写し撮るだけでなく、撮る人の思いを正確に映し出します。心から伝えたいものがない写真は人を感動させないのです。なぜなら技術がいくら進歩して、テクニックが上達していたとしても、写真の個性を引き出すのは自分なのですから。本書は、カメラの機能や撮影テクニック、露出や焦点距離、ホワイトバランスやシャッタースピードなど、ひととおりの写真の基礎はマスターした人を対象に、自分らしい写真とは何か、そして心に響く写真とは何か、そして良い写真とは何か、という大きなテーマに向き合います。さらには、感じたままの風景や被写体を思い通りに撮るために必要なさまざまな表現手法やテーマ、そしてテクニックを実践的に解説していきます。各項目では、その写真を撮るための視点=目の付けどころ、表現手法のバリエーション、写真という画に表現するためのデザイン的な考え方、そして技術的なテクニックを解説しました。また、さらに一歩上のテクニックや、考え方に役立つコラム、そして機材や撮影に役立つ豆知識など、心に響く写真を思い通りに撮るためにちょっと役立つ情報をいっぱいにつめこんだ、写真がもっと好きになる一冊です。〈本書の内容〉■Chapter1 自分らしい写真って何だろう?心に響く写真を撮るために/自由に発想し、自由に撮る/写真が上達するということ/人に写真を見せること/撮りたいものが見つからないあなたへ■Chapter2 写真をデザインするための20ケース色を見て色を撮る/やわらかさを探す/空気感を撮る/しっとりと表現する/退廃的な雰囲気で撮る/哀愁のある風景を探す/光そのものをとらえる ...ほか■Chapter3 視点を広げるための6ケース海と波と空/花と季節/子どもと公園/都市と造形/猫と街/夜景と色彩 ■Chapter4ストーリーのある写真を撮るための3ケースポートレートを撮る/家族を撮る/旅を撮る
続きはコチラ



もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳詳細はコチラから



もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳


>>>もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を勧める理由

もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を楽しむのにいいのではないでしょうか。


どういった展開なのかが不明のまま、表題だけで漫画を選択するのはハイリスクです。試し読み可能なBookLive「もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳」なら、そこそこ内容を知ってから買うことができます。
1ヶ月分の料金を納めることで、多岐にわたる書籍を財布を気にせず閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で一般化してきています。毎回毎回購入せずに読めるのが最大の特徴と言えるでしょう。
幼い頃に繰り返し読んだ往年の漫画も、BookLive「もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳」として販売されています。店頭では取り扱っていない漫画も取り揃えられているのがセールスポイントなのです。
コミックサイトもかなりありますから、比較検討して一番自分に合うと思うものを見つけ出すことが重要です。というわけで、先ずは各サイトの特性を頭に入れることが必要です。
放送しているのをオンタイムで視聴するのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画として提供されているものなら、各々の好きなタイミングで楽しむことが可能だというわけです。


ページの先頭へ