BookLive「ブックライブ」の権力に翻弄されないための48の法則 上無料立ち読み


間接的に行動する技術の手引書パワーには「社会的に弱い立場の者が自らの政治的・経済的な権利と力を得ようとする運動やスローガン」の意味がある。このパワーをめぐる一連のかけひきを、パワー・ゲームと呼ぼう。パワー・ゲームには多くの思惑と矛盾が存在する。ランダムに見えるかもしれないが、ゲームを制するための48の法則が存在する。法則は、パワー・ゲームを習得した男女の言葉をもとにして成り立っている。時代にして3000年以上、古代中国からルネサンス期のイタリアまで、幅広い範囲からひろった言葉だ。そこには共通する一つのテーマがあり、いまだ明確には表現されていないパワーの本質を、多少なりとも言い当てているのだ。本書は、歴史上のとくに傑出した戦略家(孫子、クラウゼヴィッツ)、政治家(ビスマルク、タレーラン)、外交官(マキャベリ)廷臣(カスティリョーネ、グラシアン)、色事師(ニノン・ド・ランクロ、カザノヴァ)、詐欺師(「イエロー・キッド」ことジョゼフ・ウェイル)などから、含蓄のある言葉を集め、そのエッセンスを蒸留してできたものである。この法則には、明快な前提がある。法則にしたがった行動はほぼ間違いなしに本人のパワーを強めるが、法則にそむいた行動はパワーを弱め、最悪の場合は身を滅ぼすもととなるということである。違反と遵守の結果は、数々の歴史上の事例が証明している。この法則は、時代を超えた普遍的なものなのである。上巻には1~26、下巻には27~48の法則を収めた。一通り目を通せば、パワーの全体像が分かるだろう。興味のある法則だけを読み込むことも可能だ。あちこちを拾い読みして、パワーを手にした先人たちの弱点や偉業を楽しみながら見ていけるだろう。
続きはコチラ



権力に翻弄されないための48の法則 上無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


権力に翻弄されないための48の法則 上詳細はコチラから



権力に翻弄されないための48の法則 上


>>>権力に翻弄されないための48の法則 上の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)権力に翻弄されないための48の法則 上の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する権力に翻弄されないための48の法則 上を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は権力に翻弄されないための48の法則 上を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して権力に翻弄されないための48の法則 上を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)権力に翻弄されないための48の法則 上の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)権力に翻弄されないための48の法則 上を勧める理由

権力に翻弄されないための48の法則 上って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
権力に翻弄されないための48の法則 上普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
権力に翻弄されないための48の法則 上BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に権力に翻弄されないための48の法則 上を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「権力に翻弄されないための48の法則 上」を拡散する為の販促法として、試し読みができるというサービスは文句なしのアイデアだと考えます。いつ・どこでも大雑把なあらすじを閲覧できるので、自由な時間を有効に使用して漫画を選ぶことが可能です。
人気のアニメ動画は若者限定のものだと考えるのは早計です。アニメを見る習慣がない人が見ても面白いと感じる内容で、人の心を豊かにするメッセージ性を秘めた作品も多々あります。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトをきちんと比較して、自分の好みに一致するものを1つに絞ることが不可欠です。そうすれば後悔することもなくなります。
「自室に保管したくない」、「持っていることだって押し隠したい」と恥じ入る漫画でも、BookLive「権力に翻弄されないための48の法則 上」ならば一緒に暮らしている人に内密にしたまま閲覧できます。
店頭には置いていないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップ中には、中高年層が若かりし頃に何度も読んだ漫画などもあります。


ページの先頭へ