BookLive「ブックライブ」のバフェットの重要投資案件20 1957-2014無料立ち読み


現代の一流ポートフォリオマネジャーが、バフェットが投資した企業の当時のデータを現代の視点で徹底検証!バフェットは何をどう分析して投資をしてきたのか?1950年代以降、ウォーレン・バフェットと彼のパートナーたちは、20世紀の流れを作ってきた最も利益率が高い会社のいくつかに出資してきた。しかし、彼らはそれが正しい投資先だということを、どのようにして知ったのだろうか。前途有望な会社を探すために、何に注目したのだろうか。そして、何をどう分析すれば、彼らと同じような投資ができるのだろうか。本書は、長年、投資の成功パターンを探してきたバフェット信奉者への贈り物とも言える1冊で、バフェットの長期投資のポートフォリオを詳細に分析している。経験豊富な投資家のイェフェイ・ルーは、バフェットが1958年に投資したサンボーン・マップ・カンパニーを手始めに、シーズキャンディーズ、ワシントン・ポスト、ガイコ、コカ・コーラ、USエア、ウェルズ・ファーゴ、IBMなど全部で20の主な投資先を検証している。彼は、バフェットの投資組合時代の手紙や内部書類、年次報告書、第三者の資料、そのほかの独自の情報を使って、バフェット特有のタイミングや直感、外部情報の活用、投資後の行動などについて正確に指摘し、そのなかで、すべての投資家がさまざまな会社(大規模、小規模、国内、国外を問わず)への投資でまねができるかどうかを考えている。この充実した年代記は、世界の出来事やアメリカの株式市場の変動なども考慮したうえで、バフェットの最も重要な特性は彼の幅広い専門性かもしれないと推測している。
続きはコチラ



バフェットの重要投資案件20 1957-2014無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


バフェットの重要投資案件20 1957-2014詳細はコチラから



バフェットの重要投資案件20 1957-2014


>>>バフェットの重要投資案件20 1957-2014の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)バフェットの重要投資案件20 1957-2014の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するバフェットの重要投資案件20 1957-2014を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はバフェットの重要投資案件20 1957-2014を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してバフェットの重要投資案件20 1957-2014を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)バフェットの重要投資案件20 1957-2014の購入価格は税込で「3024円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)バフェットの重要投資案件20 1957-2014を勧める理由

バフェットの重要投資案件20 1957-2014って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
バフェットの重要投資案件20 1957-2014普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
バフェットの重要投資案件20 1957-2014BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にバフェットの重要投資案件20 1957-2014を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍の悪い点として、気が付いたら支払金額が高くなっているということが想定されます。だけど読み放題でしたら毎月の支払いが固定なので、どれだけ読了したとしても利用料が高くなる心配は無用です。
さくっとダウンロードして楽しむことができるのが、無料電子書籍の良いところです。店頭まで足を運ぶ必要も、オンラインにて購入した書籍を受領する必要も全然ないわけです。
BookLive「バフェットの重要投資案件20 1957-2014」を満喫したいなら、スマホが最適です。重たいパソコンなどは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも電車など混み合った中で読むというような時には不適切だと想定されるからです。
「連載という形で提供されている漫画を購入したい」と言われる方には必要ないでしょう。しかし単行本が出版されてから買うとおっしゃる方にとっては、先に無料漫画にて中身を確認できるのは、画期的なことだと言えます。
「色々比較しないで選んだ」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどれも似たり寄ったりという思いなのかもしれないですが、サービスの詳細については運営会社によって変わりますから、きちんと比較検討することは大切です。


ページの先頭へ