BookLive「ブックライブ」の私とキャッチ・ボールをしてください無料立ち読み


男のこでなくておあいにくさまさりげない遭遇の冒頭から女と男、二人の高校生がするすると川原でキャッチ・ボールをする場面にたどりついてしまう。気持ちと気持ちの交換を比喩で表現する際に人は「キャッチ・ボール」という言葉をしばしば使うがここにあるのは本物のキャッチ・ボールでありボールを投げることと受けること、その人が投げるボールに対するさわやかな驚きこそが主役である。二人には、両親の離婚、という共通点があり、そしてそれぞれの片親(男子の母、女子の父)もまたキャッチ・ボールの場面に現れるのがユニークだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



私とキャッチ・ボールをしてください無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


私とキャッチ・ボールをしてください詳細はコチラから



私とキャッチ・ボールをしてください


>>>私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)私とキャッチ・ボールをしてくださいの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)私とキャッチ・ボールをしてくださいを勧める理由

私とキャッチ・ボールをしてくださいって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
私とキャッチ・ボールをしてください普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
私とキャッチ・ボールをしてくださいBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に私とキャッチ・ボールをしてくださいを楽しむのにいいのではないでしょうか。


書店など人目につくところでは、中身の確認をするのもためらうという漫画だとしても、無料漫画サービスを行なっている電子書籍の場合は、中身を確かめた上で購入することができるので安心です。
「目に見える場所に置けない」、「持っていることだって隠しておきたい」ような漫画でも、BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」ならば他の人に知られずに読むことができるのです。
不要なものは捨て去るというスタンスが数多くの人に認知されるようになった今日この頃、本も例外でなく紙という媒体で所持したくないために、BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」を活用して読む人が増え続けています。
暇が無くてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという場合には、無料アニメ動画が非常に役立ちます。決められた時間に見るという必要性はないので、暇な時間に楽しむことが可能です。
好きな時に無料漫画が見られるということで、ユーザー数が急増するのは何ら不思議な事ではありません。ショップとは違い、他者の視線を気に掛けることなく立ち読みすることができるのは、電子書籍だけの利点だと思います。


ページの先頭へ