BookLive「ブックライブ」の逢いたかったのに無料立ち読み


「逢いたい」と「逢いたかった」は同じか、違うのかふとしたことで、流れが変わってしまうことはある。「逢いたいな」と思って何度か電話をした女性に逢うことができず、ふと一人になった時に、バッタリ別の女性に逢ってしまう。その日はずっとそのまま二人で……ということになったりする。問題はそれ以降だ。最初に逢いたいと思った女性と連絡が取れ、そして2度目の偶然が訪れるとなると事態はやや複雑になる。その時、この男はいったいどうしたのか? 答えはこの短篇を読んでみてください。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



逢いたかったのに無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


逢いたかったのに詳細はコチラから



逢いたかったのに


>>>逢いたかったのにの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)逢いたかったのにの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する逢いたかったのにを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は逢いたかったのにを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して逢いたかったのにを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)逢いたかったのにの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)逢いたかったのにを勧める理由

逢いたかったのにって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
逢いたかったのに普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
逢いたかったのにBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に逢いたかったのにを楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍ビジネスには複数の企業が参入していますから、絶対に比較してから「どの電子書籍を利用するのか?」を決定することが大事になります。購入可能な書籍数や使いやすさ、料金などをチェックすると間違いありません。
「電子書籍は遠慮したい」という本好きな方も少なくありませんが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んでみたら、持ち運びの楽さや決済の簡便さからどっぷりハマる人が大半だそうです。
月額が決まっているサイト、ユーザー登録せずに使えるサイト、1巻単位で購入が必要なサイト、無料の漫画が多数あるサイトなど、コミックサイトも1つ1つ異なるところがありますから、比較してみましょう。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入するという時には、ページをめくって確かめた上で判断する人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで内容を閲覧するのも容易なのです。
日常的に山ほど漫画を買う人にとっては、毎月決まった料金を支払うことでいくらでも読み放題で楽しめるというシステムは、それこそ斬新と言って間違いないでしょう。


ページの先頭へ