BookLive「ブックライブ」のさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法無料立ち読み


※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。時代はNoUI(ノー・ユーアイ)ヘ。目的を達成するための手段であるはずなのに、いつのまにか、手段を設計することが目的になってはいないか?何にでもとりあえず画面をくっつけて、その長方形の中をどう設計するかということにばかり考えを巡らせて、本当に人のためになるシステムを創るということが疎かになってはいないか?本書では、「ベストなインタフェースはノー・インタフェース」をコンセプトに、余計な操作を強いる「画面」をこの際とっぱらって、人々の暮らしに自然と溶け込む製品やサービスを創り出そうじゃないかと主張しています。IoT時代におけるテクノロジーの未来についての新たな視点と、画面に頼らず、「いつもの手順」でシンプルに問題を解決するためのアイディアを軽妙な語り口でたっぷりと盛り込んだ、UI・UXに関わる人が今読むべき1冊です!ーーーNoUIを実現するためのルールその1:画面なんかに頼らず、解決したい問題につきものの「いつもの手順」をしっかり理解しようその2:テクノロジーを活用し、ぼくらをこき使うシステムじゃなく、ぼくらに使いこなされるシステムを創り出そうその3:ひとりひとりに合わせる
続きはコチラ



さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法詳細はコチラから



さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法


>>>さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法の購入価格は税込で「2332円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を勧める理由

さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法」で本を買えば、家の一室に本を置くスペースを作ることが必要なくなります。また、新刊を手にするために書店に足を運ぶのも不要です。こういった観点から、使用する人が急増しているのです。
コミックの発行部数は、年を追うごとに低下しているというのが実態です。古くからの販売戦略に捉われず、0円で読める無料漫画などを広めることで、新規顧客の獲得を企てています。
本離れが指摘される昨今ですが、電子書籍は画期的な仕組みを採り入れることで、新規登録者を飛躍的増加させているのです。革新的な読み放題というサービスが起爆剤になったのです。
漫画や本を買い求めていけば、その内収納スペースがいっぱいになるということが起きてしまいます。ところが実体を持たないBookLive「さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法」なら、本棚の空きがないと悩むことから解放されるため、場所を気にすることなく読むことができます。
きちんと比較してからコミックサイトを決めているという人が多いようです。ネット上で漫画を楽しんでみたいなら、色んなサイトの中より自分に適したものを選び出すことが大事です。


ページの先頭へ