BookLive「ブックライブ」のみんなではじめるデザイン批評無料立ち読み


よりよいデザインへ向かうためにコラボレーション・スキルとしての「批評」のしかたを身につけよう。ネット上のレビューシステムやSNSの誕生で、誰でも製品やデザインに対して「批評」を行いやすくなりました。しかし本来の「批評」というものは、好き勝手に意見を述べたり、フィードバックという名のもとに権威を主張したり、計画をごり押しするためのものではなく、デザイン・制作に関わるすべてのひとが、本来の目的にそってその成果物をよりよいものにするために行うべきものです。デザインにおいて何が機能しているのか(あるいは機能していないのか)、目的を達成するために、今採用しているデザインは正しいのかどうか。そういったことを建設的に議論できる場を制作のプロセスに取り入れれば、もっともっとよいデザインが生まれるはずです。本書では、デザイン・コミュニティで著名な2人の著者が、その豊富な経験から生まれた教訓を活かし、よいフィードバックと悪いフィードバックについてや、「批評」を制作プロセスに組み込むためのヒント、実行可能なアドバイスや会話のテクニック、チーム内や対クライアントとのコミュニケーションやコラボレーションの構築のしかたなど、本来目指すべきかたちで、よりよいデザインを生み出すための方法を解説しています。デザイナーだけでなく、作っているもの、生み出されるものをもっとよくしたいと思うすべての人に読んでもらいたい一冊です。・日本語版序文:長谷川恭久 氏・すぐに使えるチートシートダウンロード付き
続きはコチラ



みんなではじめるデザイン批評無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


みんなではじめるデザイン批評詳細はコチラから



みんなではじめるデザイン批評


>>>みんなではじめるデザイン批評の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)みんなではじめるデザイン批評の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するみんなではじめるデザイン批評を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はみんなではじめるデザイン批評を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してみんなではじめるデザイン批評を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)みんなではじめるデザイン批評の購入価格は税込で「2138円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)みんなではじめるデザイン批評を勧める理由

みんなではじめるデザイン批評って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
みんなではじめるデザイン批評普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
みんなではじめるデザイン批評BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にみんなではじめるデザイン批評を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホを持っている人は、BookLive「みんなではじめるデザイン批評」をいつでもどこでも閲覧することができます。ベッドでくつろぎながら、寝るまでのリラックスタイムに閲覧するという人が増加しています。
テレビで放映中のものをリアルタイムで視聴するのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、ご自身の好きなタイミングで視聴することが可能だというわけです。
お店で売っていないであろう昔のタイトルについても、電子書籍では買うことができます。無料コミックのラインナップ中には、中高年世代がずいぶん前に楽しんだ漫画なども見られます。
試し読みをして漫画のイラストとか話を理解した上で、安心して買うことができるのがウェブで読める漫画のメリットです。前もって内容を知ることが出来るので間違いがありません。
「連載になっている漫画を買いたい」とおっしゃる方には無用の長物かもしれません。だけど単行本になるまで待ってから購入するというファン層からすれば、購入前に無料漫画にて概略をリサーチできるのは、購入判断の助けになるはずです。


ページの先頭へ