BookLive「ブックライブ」のマンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ無料立ち読み


銀行の動きや税金の使われ方など、「経済の仕組み」がマンガで学べる。ジュニアNISAや電子マネー事情など、最新ネタもコラムで紹介。銀行ってなにをするところ?どうしてクレジットカードで食事や買い物ができるの?株ってどんなものなの?税金ってなに? どんな種類があるの?「経済」がわかると社会の動きが見えてくる。たのしく読んで役立つ知識がしっかり身につく。★☆★ Contents ★☆★◎ ものの値段ってどうやって決めるの?◎ どうしてクレジットカードで食事や買い物ができるの?◎ 銀行ってなにをするところ?コラム 電子マネーのしくみとその種類は?コラム 財務省と金融庁と日本銀行ってなにがちがうの?◎ お金の基礎知識◎ 円高ドル安ってなに?◎ どうしてバーゲンセールは値段が安くなるの?◎ 税金のお話その1 「税金てなに?」◎ 税金のお話その2 「税金っていっぱいあるの?」◎ 税金のお話その3 「増える税金」コラム 貿易をしないとどうなるの?コラム 税金を払わないとダメ?消費税は上がるの?◎ 景気ってなに?◎ インフレ&デフレ 「インフレーションってなに?」◎ インフレ&デフレ 「デフレーションってなに?」コラム 年金や介護保険ってなんのためにあるの?コラム NISAってなに?◎ 株の基礎知識その1 「株ってなに?」◎ 株の基礎知識その2 「株って売買できるの?」◎ 国債ってなに?◎ さよならハテナン※ 本書は2009年発行の『マンガで学ぶ!「経済」のことがよくわかる本』を元に加筆・修正を行っています。
続きはコチラ



マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ詳細はコチラから



マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ


>>>マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するマンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はマンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してマンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみの購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみを勧める理由

マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にマンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみを楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホやパソコンを使い電子書籍を入手すれば、会社への通勤中や午後の休憩時間など、好きな時間に楽しめるのです。立ち読みもできてしまうので、ショップまで行く必要がないのです。
お金にならない無料漫画を敢えて読めるようにすることで、集客数を引き上げ収益増に結び付けるのが電子書籍を運営する会社にとっての目的ですが、当然ですが、ユーザー側も試し読みができるので、メリットがあると言えます。
漫画を買う人の数は、残念ながら縮減している状態なのです。一昔前の販売戦略に捉われず、0円で読める無料漫画などを打ち出すことで、新たなユーザーの獲得を目論んでいます。
移動している間などの空き時間を有効に使って、さらっと無料漫画を読んで自分に合う本を発見しておけば、後ほど暇なときにDLして続きを思いっきり読むことが可能です。
買いたい漫画はいっぱいあるけど、入手してもしまう場所がないという人が増えているようです。そういう理由で、置き場所を考えなくて良いBookLive「マンガでわかる! 10歳からの「経済」のしくみ」利用者数が増えてきたというわけです。


ページの先頭へ