BookLive「ブックライブ」の海をもらった人無料立ち読み


海をめぐる二つの小説ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取った男のものとなる。その男は海辺で偶然、かつての知り合いと会い、その知り合いが小説を書こうとしていることを知る。知り合いの書いたものを読んでみると……そこに悲劇は無いが、編集者には不徹底な失敗した小説としか思えない。最初も最後も小説に係わる、あくまでビターな作品である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



海をもらった人無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


海をもらった人詳細はコチラから



海をもらった人


>>>海をもらった人の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)海をもらった人の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する海をもらった人を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は海をもらった人を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して海をもらった人を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)海をもらった人の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)海をもらった人を勧める理由

海をもらった人って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
海をもらった人普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
海をもらった人BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に海をもらった人を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホで電子書籍を買い求めれば、電車やバスでの移動の間や昼食後のフリータイムなど、いつでもどこでもエンジョイできます。立ち読みも可能なので、ショップまで行くまでもないのです。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、急に予定がなくなっても、時間つぶしが難しいということがあり得なくなります。休憩している時間やバスなどで移動している時などにおきましても、思っている以上に楽しめること請け合いです。
電子書籍ビジネスには数多くの会社が進出してきているので、とにかく比較してから「どの電子書籍を選定するのか?」を決めていただきたいと思います。取扱い書籍の数量や値段、サービスの質などを比べてみることが肝要でしょうね。
前もってあらすじをチェックすることが可能であるなら、購入した後に後悔するようなことにはならないでしょう。店頭で立ち読みをするときのように、BookLive「海をもらった人」においても試し読みが可能なので、漫画の中身を確かめられます。
BookLive「海をもらった人」が親世代に根強い人気があるのは、まだ小さかった時に反復して読んだ漫画を、もう一回手っ取り早く読めるからだと思われます。


ページの先頭へ