BookLive「ブックライブ」の水平線に時を読む無料立ち読み


「ストーリーは過去であり、過去はストーリーだ」波乗りを好む男が、雑誌の取材でインタヴューに赴く。相手は57歳。その人も波乗りの練達で、しかもその人の祖父こそが、日本で初めてのサーファーの可能性もあるという。加えて彼の家には、日本最古のサーフボードが保存されている。過去はどんどんどこからか湧いてきて「波が呼ぶんだよ」という小説の話、その映画の話、ハワイの話に広がってゆく。「波が呼ぶんだよ」とはまさに片岡義男の小説のタイトルであり、ハワイは作家の父方のルーツである。自伝的要素を巧みにフィクションに混入した、手の込んだ作品だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



水平線に時を読む無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


水平線に時を読む詳細はコチラから



水平線に時を読む


>>>水平線に時を読むの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する水平線に時を読むを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は水平線に時を読むを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して水平線に時を読むを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むを勧める理由

水平線に時を読むって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
水平線に時を読む普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
水平線に時を読むBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に水平線に時を読むを楽しむのにいいのではないでしょうか。


あらゆるサービスを押しのけて、ここ最近無料電子書籍という形が拡大している理由としては、町にある書店が姿を消してしまったということが指摘されています。
利用する人が急激に増えてきたのがBookLive「水平線に時を読む」なのです。スマホに漫画を表示させることが可能ですから、邪魔になってしまう単行本を携行する必要もなく、カバンの中の荷物を軽くすることが可能になります。
多岐にわたる書籍をいっぱい読むという人からすれば、沢山買い求めるのは金銭的負担が大きいのではないでしょうか?だけども読み放題というプランなら、1冊毎の単価を抑制することができるので負担が軽くなります。
購入後に「自分が思っていたよりも全く面白くない内容だった」というケースであっても、本は返品などできません。だけど電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こういった状況をなくせるのです。
「小さな画面では楽しめないのでは?」と懸念する人もいるようですが、そういった人でもBookLive「水平線に時を読む」を購入しスマホで閲覧してみれば、その利便性に驚くはずです。


ページの先頭へ