BookLive「ブックライブ」のRe:無料立ち読み


「どうせ思い通りになんかならない」志望と違う職に就き、諦め癖がついていた早紀(さき)は、ふとしたきっかけで地元に帰った際、成長した幼馴染の和真(かずま)と再会する。一緒に遊んでいた小学生の頃、呼び名が変わった中学生の頃、そしてあまり話さなくなった高校生の頃……和真と話すうち、次々と昔の思い出していく早紀。やがて、和真に恋心をいだいていたことも思い出し、和真に気持ちを伝え、和真の気持ちを知ろうとするが、諦め癖ゆえに踏みとどまってしまい、うまくいかない。とうとう伝えられぬまま、滞在最終日を迎えるが……。
続きはコチラ



Re:無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Re:詳細はコチラから



Re:


>>>Re:の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Re:の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するRe:を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はRe:を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してRe:を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Re:の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Re:を勧める理由

Re:って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Re:普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Re:BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にRe:を楽しむのにいいのではないでしょうか。


断捨離という考え方が世間に理解されるようになった今の時代、漫画も書物形態で所持せずに、BookLive「Re:」アプリで読破する人が増え続けています。
始めに試し読みをして自分に合う漫画なのかを精査した上で、納得して購読できるのがウェブで読める漫画のメリットでしょう。先にストーリーが分かるので失敗などしません。
電子書籍ビジネスには多数の業者が進出していますから、きちんと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定するようしましょう。扱っている本の数や使いやすさ、料金などを比較すると間違いありません。
「詳細を把握してからじゃないと買いたくない」という考えを持っている利用者からしたら、無料漫画は悪いところがないサービスだと考えて良さそうです。運営者側からしても、顧客数増大に結び付くわけです。
昔はきちんと本という形で買っていたと言われるような方も、電子書籍という形で読んでみた途端、その便利さにびっくりさせられるということが多いそうです。コミックサイトも色々ありますので、しっかり比較してからチョイスすることが不可欠です。


ページの先頭へ