BookLive「ブックライブ」の新釈法華三部経 8無料立ち読み


新釈法華三部経8収録内容……『法華経』「常不軽菩薩品第二十」「如来神力品第二十一」「嘱累品第二十二」「薬王菩薩本事品第二十三」「妙音菩薩品第二十四」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。だれもが「仏さまのいのちと一つにつながる尊い存在である」という真実に目覚めたことで、他者を軽視したり差別することなく、どれほど危険な目に遭いそうになっても相手を礼拝し続け、ついに悟りを得て仏となった常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)。かれこそ、『法華経』の教えを体現した菩薩であります。重ねて、『法華経』に説かれた教えを実践することの大切さ、教えをわが身に受け継ぐ決意が、如来神力品と嘱累品で表明されます。ここから、教えの実践の手本となる菩薩たちが次々に登場します。自己犠牲の精神を象徴する薬王菩薩、理想の実現に向けてさまざまに身を変じる妙音菩薩――そのひたむきな姿は、私たちの心にきっと感銘を与えることでしょう。
続きはコチラ



新釈法華三部経 8無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


新釈法華三部経 8詳細はコチラから



新釈法華三部経 8


>>>新釈法華三部経 8の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 8の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する新釈法華三部経 8を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は新釈法華三部経 8を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して新釈法華三部経 8を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 8の購入価格は税込で「1080円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 8を勧める理由

新釈法華三部経 8って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
新釈法華三部経 8普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
新釈法華三部経 8BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に新釈法華三部経 8を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「新釈法華三部経 8」は持ち運びに便利なスマホやタブレット型の端末からアクセスするのがおすすめです。ちょっとだけ試し読みを行って、その漫画を購入するかを決定するという方が多いのだそうです。
忙し過ぎてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという社会人にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。毎回同じ時間帯に見ることは要されませんので、ちょっとした時間に見ることが可能です。
漫画や書籍を購入しようと思ったときには、中身をざっくりと確かめてから決める人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みと同じように内容を確認することが可能だというわけです。
あえて電子書籍で購入するという方があきらかに増えてきています。バッグなどに入れて運ぶ必要もありませんし、収納スペースも気にしなくて良いという点がウケているからです。更に無料コミックサービスもあるので、試し読みも余裕です。
店舗では、スペース上の問題で置くことができる本の数に制約が出てしまいますが、BookLive「新釈法華三部経 8」の場合はそうした制限が発生せず、ちょっと前に発売されたタイトルもあり、注目されているわけです。


ページの先頭へ