BookLive「ブックライブ」の新釈法華三部経 10無料立ち読み


新釈法華三部経10収録内容……『仏説観普賢菩薩行法経』立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。『仏説観普賢菩薩行法経』は、『法華経』の終章に位置する“結経”とされ、その内容から「懺悔(さんげ)経」とも言われます。『法華経』の最後・普賢菩薩勧発品を受け、普賢菩薩の姿を観想する行法を説いています。なかでも謙虚な反省(懺悔)こそが人格を磨き、みずからを向上させるための第一歩であることが示され、三部経の全教説の結びとなっています。ほかに、法華三部経の各品のあらましと要点をまとめた「法華経通観」を収録。各巻で説かれた内容を把握するうえで非常に便利な一冊です。
続きはコチラ



新釈法華三部経 10無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


新釈法華三部経 10詳細はコチラから



新釈法華三部経 10


>>>新釈法華三部経 10の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 10の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する新釈法華三部経 10を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は新釈法華三部経 10を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して新釈法華三部経 10を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 10の購入価格は税込で「1080円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 10を勧める理由

新釈法華三部経 10って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
新釈法華三部経 10普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
新釈法華三部経 10BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に新釈法華三部経 10を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題なら、こんなに凄いことはない」という利用者の声を反映するべく、「月額料を納めれば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が考えられたわけです。
ずっと単行本という形になったものを買っていたという方も、電子書籍を利用し始めた途端に、便利で戻れなくなるということが多いと聞いています。コミックサイトも多種多様に存在しますから、是非とも比較してから選ぶようにしましょう。
電子書籍も一般書籍と同じで情報が商品ということになるので、イマイチでも返すことはできません。従いまして面白そうかを確かめるためにも、無料漫画を読むことが大切です。
移動中の時間を利用して漫画を読みたいと考えている人にとって、BookLive「新釈法華三部経 10」ほど有益なものはないのではと思います。スマホ一台を持ち歩くだけで、気軽に漫画をエンジョイできます。
「スマホの小さな画面では楽しめないのでは?」と疑念を抱く人がいるのも知っていますが、実際にBookLive「新釈法華三部経 10」を1冊買ってスマホで閲覧してみると、その快適性に驚愕するはずです。


ページの先頭へ