BookLive「ブックライブ」のWeb担当者のためのセキュリティの教科書無料立ち読み


【あなたの会社、ネットの脅威から守れていますか?】近年の企業活動において、もはやWebは欠くことのできない媒体となっています。とはいえ残念ながら、インターネットにはさまざまな脅威が存在するのも確かです。Webサイトのコンテンツが悪意のある者によって改ざんされたり、さらには会員の個人情報が流失したりすれば、公開を止めざるを得なくなり、企業の存続すら脅かされかねません。Webサイトのセキュリティの確保は、企業運営の命綱ともなりうるほど重要性を増してきています。本書ではこのような重責を担うWeb担当者のために、Webサイトの企画から要件定義・制作・運用まで、各フェーズで知っておかなくてはならないセキュリティとリスクマネジメントの鉄則をまとめました。企画段階でのコンテンツ選定における注意点から、制作時のチェックポイント、万一の事態に備えた社内の体制づくり、事後対応のプロセス、さらにはSNSの炎上防止施策までフォローしています。また、ワークフローに沿って情報をまとめているため、現在の自身の状況に応じてやるべきことを理解できます。何かが起こったあとでは手遅れになる可能性もあります。ぜひ本書をお共に、安全第一のWeb運営を心がけてください。〈こんなWeb担当者・広報担当者におすすめです〉・周囲にセキュリティの専門家がいない方・顧客情報を抱えるWebサービスを展開している方・リスクマネジメントの方法を模索している方・実装の細かい技術ではなく、対策の大枠の仕組みを知りたい方〈本書の内容〉CHAPTER1 Webサイトのセキュリティ・リスクマネジメントの基礎知識CHAPTER2 Webサイトの企画時に気をつけるべきことCHAPTER3 要件定義時に気をつけるべきことCHAPTER4 制作・チェック時に気をつけるべきことCHAPTER5 運用時に気をつけるべきことCHAPTER6 どうしても残ってしまうその他のリスクCHAPTER7 事後対応で気をつけなければならないことCHAPTER8 SNS運用で気をつけなければならないこと
続きはコチラ



Web担当者のためのセキュリティの教科書無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Web担当者のためのセキュリティの教科書詳細はコチラから



Web担当者のためのセキュリティの教科書


>>>Web担当者のためのセキュリティの教科書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Web担当者のためのセキュリティの教科書の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するWeb担当者のためのセキュリティの教科書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はWeb担当者のためのセキュリティの教科書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してWeb担当者のためのセキュリティの教科書を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Web担当者のためのセキュリティの教科書の購入価格は税込で「2160円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Web担当者のためのセキュリティの教科書を勧める理由

Web担当者のためのセキュリティの教科書って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Web担当者のためのセキュリティの教科書普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Web担当者のためのセキュリティの教科書BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にWeb担当者のためのセキュリティの教科書を楽しむのにいいのではないでしょうか。


店舗では扱っていないといった昔に出された本も、電子書籍なら購入できます。無料コミックの中には、中高年層が以前何度も読んだ漫画なども見られます。
書籍をいっぱい読むという読書好きにとって、あれこれ購入するのは金銭的にも負担が大きいはずです。ところが読み放題だったら、1冊当たりの単価を抑制することも不可能ではありません。
手間なくアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍の強みです。店頭まで足を運ぶ必要も、ネットで決済した本を宅配便などで送ってもらう必要もないというわけです。
コミックサイトの一番のウリは、揃っている冊数が本屋よりはるかに多いということだと考えます。在庫が残るリスクがありませんので、たくさんの商品を揃えることができるのです。
コミックの売れ行き低迷が指摘される中、電子書籍は斬新な仕組みを導入することで、新規利用者をどんどん増やしています。今までは絶対になかった読み放題というサービスがそれを可能にしたのです。


ページの先頭へ