BookLive「ブックライブ」の“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料立ち読み


空港直属の写真家が撮り続けた貴重な記録写真を一挙公開!大正6年1月、羽田町・穴森に日本飛行学校が開校し、ここに羽田と航空機との歴史が刻みはじめられた。以来1世紀、昭和6年の東京飛行場の開港を経て、羽田空港は「首都・東京の空港」として発展を遂げ、日本の航空史に重要な役割を果たしてきた。長年にわたって羽田空港の記録写真を撮り続け、『羽田開港50年』誌などの制作にも携わった著者が、同誌などを基に綴る羽田空港のあゆみ。当時の貴重な写真やさまざまなエピソードを交え、羽田空港の知られざる一面も紹介する。空港長や機長、整備士など、羽田空港ゆかりの人たちの「思い出の記」も収録。 近藤 晃(こんどうあきら)スタジオ助手、外国写真通信社勤務を経て、昭和40年、フリーランスの写真家に。昭和50年頃から羽田空港などの撮影を始め、昭和56年、『羽田開港50年』誌と写真展。昭和63年、『エアポート羽田春夏秋冬』と題した個展をキヤノンサロンで開催。平成2年、キヤノン航空写真コンテスト審査委員、東京空港事務所『即位の礼記録写真集』を制作。平成12年、キヤノンEOS学園講師。平成13年、キヤノン航空写真愛好会顧問、キヤノンフォトクラブ写真講師。平成16年、日本航空協会50年記念写真コンテスト審査委員。日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員。
続きはコチラ



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る詳細はコチラから



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る


>>>“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの購入価格は税込で「864円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを勧める理由

“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを楽しむのにいいのではないでしょうか。


漫画雑誌と言えば、中高生のものというふうに思い込んでいるのではありませんか?でも近頃のBookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」には、40代以降の方が「10代の頃を思い出す」と言われるような作品もどっさりあります。
漫画本などの書籍を買う時には、何ページかをチェックした上で判断する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読み同様内容を閲覧するのも容易なのです。
他の色んなサービスを押しのける勢いで、これほど無料電子書籍というスタイルが拡大している要因としましては、普通の本屋が少なくなっているということが指摘されているようです。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画が読みたい」という人には全く必要性が感じられないサービスです。されど単行本が発売になってから買うようにしているというファン層からすれば、買う前に無料漫画で概略を確かめられるというのは、購入判断の助けになるはずです。
月額の利用料が固定されているサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻ごとに販売しているサイト、無料で読める作品が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトも何だかんだと異なるところがあるため、比較検討すべきだと思います。


ページの先頭へ