BookLive「ブックライブ」のQ&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価無料立ち読み


土地の貸借については、?通常の借地権設定契約による場合、?借地権を無償で返還することを約して賃貸借契約を締結する場合、?定期借地権設定契約による場合、さらには、?親子間で見られるように使用貸借により土地を貸付ける場合、?資材置のための土地の賃貸借の場合など様々である。一般的に賃借権や借地権であれば、評価通達で定められている賃借権割合及び借地権割合により評価することができるが、それとは異なる特殊な形態により土地の貸借を行った場合の評価(貸地及び借地)については、明確な規定がなく、あっても非常に分かり難いと考えられている。さらに、昨今の改正により相続税の課税対象者の範囲が拡大され、特に地価の高い都心部を中心に借地権は多く活用されていることなどから、今まで、無関心だった者も借地権について関心を寄せている。また、関連士業はもちろん、土地オーナーや借主・地主の双方において借地権・貸地の評価の仕方を理解しておくことは非常に重要となっている。本書では、まず、借地権の存否についての税法上の考え方を記述し、土地の貸借に応じた借地権・貸地の評価実務の取扱いについて、Q&A形式で様々なモデルケースを例示しながら多角的に解説している。
続きはコチラ



Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価詳細はコチラから



Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価


>>>Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するQ&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はQ&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してQ&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価の購入価格は税込で「3899円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価を勧める理由

Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にQ&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価を楽しむのにいいのではないでしょうか。


老眼のせいで、目の前にあるものがぼやけて見えるようになってきたという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍が読めるというのは、何より有難いことなのです。フォントサイズを変更できるからです。
漫画が好きな事を内緒にしておきたいと言う人が、昨今増加傾向にあります。室内には漫画を置きたくないというような状況でも、BookLive「Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価」の中だけであれば人に隠した状態で漫画を読み続けられます。
漫画が好きだという人からすると、コレクションしておくための単行本は値打ちがあると理解できますが、「読むことができればOK」という人であれば、スマホで閲覧することができるBookLive「Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価」の方が重宝するはずです。
漫画を買ってまで読むという人の数は、毎年のように低下の一途を辿っている状態なのです。定番と言われている販売戦略に捉われず、0円で読める無料漫画などをサービスすることで、新規ユーザーの獲得を企図しています。
BookLive「Q&Aと解説で分かる!! 実務に役立つ土地の貸借等の評価」は常に携行しているスマホやiPadからアクセスする方が多いです。最初だけ試し読みをして、その本を買うかどうかを決定する人が急増していると言われています。


ページの先頭へ