BookLive「ブックライブ」のディスクシステム(裏)報告書無料立ち読み


ファミリーコンピュータがブームとなっていた1986年。任天堂が打ち出した一大プロジェクトが「ディスクシステム」だった。新しいゲームを生み出すために、任天堂が挑んだ野望を今一度振り返ってみよう。〈主な内容〉●ディスクシステム開発秘話●ディスクドライブの仕組み●ディスクシステムのビジネスモデル●ディスクシステムのネットワーク構想●ディスクシステム名作・珍作20選●ディスクシステムサービス終了※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2016年5月号(P066-080)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



ディスクシステム(裏)報告書無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ディスクシステム(裏)報告書詳細はコチラから



ディスクシステム(裏)報告書


>>>ディスクシステム(裏)報告書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ディスクシステム(裏)報告書の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するディスクシステム(裏)報告書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はディスクシステム(裏)報告書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してディスクシステム(裏)報告書を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ディスクシステム(裏)報告書の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ディスクシステム(裏)報告書を勧める理由

ディスクシステム(裏)報告書って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ディスクシステム(裏)報告書普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ディスクシステム(裏)報告書BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にディスクシステム(裏)報告書を楽しむのにいいのではないでしょうか。


毎月の本代は、1冊単位の値段で見れば安いと言えますが、いっぱい購入すれば、月々の料金は高額になってしまいます。読み放題だったら月額料金が固定なので、出費を抑えることが可能です。
クレジットで購入する電子書籍は、気が付いたら料金が跳ね上がっているということが想定されます。だけども読み放題だったら月額料が固定なので、読み過ぎても利用代金がすごい金額になる可能性はゼロなのです。
かなりの数の方が無料アニメ動画を楽しんでいます。何もすることのない時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、手間なしでスマホでエンジョイできるというのは嬉しいですね。
「電車などで移動している間に漫画本を開くなんて考えたこともない」と言われるような方でも、スマホに直接漫画を入れることができれば、人目を気にする必要が皆無になります。率直に言って、これがBookLive「ディスクシステム(裏)報告書」の人気の秘密です。
BookLive「ディスクシステム(裏)報告書」を楽しみたいとすれば、スマホが重宝します。パソコンは重たいので持ち歩くことが不可能ですし、タブレットも電車の中などで読みたいという時には、大きすぎて使えないと考えることができます。


ページの先頭へ